Event is FINISHED

シマネビト 「地域資源を活かす」を考える vol,3 〜“糧”という学び舎 -72recipes project-〜

Description
日 時:2017年7月9日(日)13:00〜16:00
会 場:FinGATE(https://spacemarket.com/spaces/fingate
    東京都中央区日本橋茅場町1-8-1茅場町1丁目平和ビル1階
最寄駅:東西線・日比谷線「茅場町」駅 徒歩1分
    銀座線都営浅草線「日本橋」駅 徒歩4分
    半蔵門線「水天宮前」駅 徒歩12分
申込み:氏名・年齢・連絡先を明記の上メールにてお申込みくだ
    さい(mito-sachi@pref.shimane.lg.jp 担当:水戸)
主 催:しまね定住サテライト東京(島根県) http://www.kurashimanet.jp/

今回のシマネビト(トークゲスト):大江健太さん 他
<大江健太さんプロフィール>
1986年生まれ千葉県育ち。国際理工専門学校建築設計科を卒業し、2015年夏に島根県江津市に移住。
Design Office Sukimono(
http://www.sukimono.co.jp/)にて、店舗、事務所の空間デザイン業務に携わる。2016年春に体調を崩し2ヶ月間寝たきりになるも、食養生を実践し回復。同年、11月に食の学び舎「糧」をオープンさせる。2017年1月には企画会社「月の羊飼い」を始動。場と人、人と人の間にあるコミュニケーションに焦点をあて、主にひとが関わる "場" を企画・プロデュースすることを業とし"場" から生まれる空気感や影響力をコーディネートする。

糧HP:
http://72recipes.jp/

-----------------------------------------------------------
〜7月9日、「糧」をつくるヒトに会いに来ませんか?〜

島根県西部津和野町にある「旧堀氏庭園」敷地内の施設「旧畑迫病院」を復元し、「医食同源」をコンセプトにしたレストランとして2016年11月に オープンした「糧」。 ここには、食で身体を養生する事をテーマに、旧暦「二十四節気七十二候」に沿った暮らしや食の知恵・技の継承と健康な暮らしについて考える地 域の学びの場づくりに組む人々がいます。

例えばこんな学びの場・・・
<二十四節気七十二候>季節に沿った丁寧な食と暮らしを学ぶ
<食養生>身の回りにある自然の恵みを利用し身体を整える術を知り、食材や料理の薬効を知る
<手づくり体験>たとえば乾物や調味料、お茶や食器洗剤など、普段お店で買っているもののつくり方や選び方を学

「糧」は、地域で”生きるコト・暮らすコト・働くコト”を実践するヒトに対して、“食”を軸にした場づくりを通じて「今ここには、どんな価値観が必 要なのか?」「一人ひとりの心と体に何が必要なのか?」を教えてくれているような気がします。

当日は島根県から、「糧」の運営メンバーのお一人で建築家でもある大江健太さん(Iターン者)にお越しいただき、よそ者である大江さんが「ここ(島根)にいて「糧」に関わる理由」や彼の目に”地域の課題や資源”はどのように映っているのか、更にはここ(島根)での生活を通じて感じているコトなどを会場の皆さんに共有したいと思います。

また同時に、今「糧」のように地域の未活用資源の活用や新しい価値を創造し提供することを目的に活動する、島根県内の3団体からもゲストをお呼びし ています。

シマネビトに会いに、そして新しい価値観に出会うために、ぜひ会場にお越しください!


-----------------------------------------------------------
その他イベント参加団体のご紹介:
☆NPO法人隠岐しぜん村 http://www.sizenmura.com/
☆母里の郷コミュニティ
☆YOSOMONO

※上記3団体は、これまでの取組だけでなく、今後新たに事業を展開していく予定の団体です。
既存の価値に捕らわれることなく、ここ(島根県)にある資源や課題を活かしたアクションを一緒に起こしてくれる方を絶賛募集中!

Sun Jul 9, 2017
1:00 PM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
FinGATE
Tickets
無料 FULL
Venue Address
東京都中央区日本橋茅場町1-8-1茅場町1丁目平和ビル1階 Japan
Directions
東西線・日比谷線「茅場町」駅 徒歩1分/銀座線都営浅草線「日本橋」駅 徒歩4分/半蔵門線「水天宮前」駅 徒歩12分
Organizer
しまね定住サテライト東京
2 Followers
Attendees
1