Event is FINISHED

加藤典洋×上岡伸雄「9・11後の世界と敗者の想像力」『敗者の想像力』(集英社新書)刊行記念

Description
今年の5月、加藤典洋さんの新刊『敗者の想像力』が発売になりました。日本の「戦後」認識にラディカルな一石を投じ、90年代の論壇を席巻した論考『敗戦後論』から20年。鶴見俊輔や吉本隆明、山口昌男、大江健三郎といった硬派な書き手から、カズオ・イシグロ、宮崎駿、『シン・ゴジラ』といった話題作までを射程に入れた同書は、21世紀を展望する確かな思想的視座を提示してくれます。

他方、21世紀は9.11という凄惨なテロと共に幕を開けました。9.11以後アメリカ文学の傑作の呼び声高い2014年の全米図書賞受賞作、フィル・クレイの『一時帰還』(岩波書店)、2012年の全米批評家協会賞受賞作、ベン・ファウンテンの『ビリー・リンの永遠の一日』(新潮社)をともに訳され、2016年1月に『テロと文学 9.11後のアメリカと世界』(集英社新書)を上梓されている上岡伸雄さんは、現在、9.11後の文学を丹念に追い続けておられる代表的研究者のお一人です。

アメリカ、テロ、戦後、人種、帰還者、敗者……。異なる角度から21世紀を展望するお二人の関心は、実は様々なキーワードで結ばれています。文学が描き出す想像力は、混迷を極める日本、そして世界を考えるとき、どのようなヒントを与えてくれるのでしょうか。存分にお話しいただきたいと思います。


【出演者】
加藤典洋(かとう のりひろ)
1948年、山形県生まれ。文芸評論家。早稲田大学名誉教授。東京大学文学部仏文科卒。文学から文化一般、思想まで日本の近現代の幅広い分野で活躍。『言語表現法講義』で新潮学芸賞、『敗戦後論』で伊藤整文学賞、『小説の未来』『テクストから遠く離れて』で桑原武夫学芸賞を受賞。新刊『敗者の想像力』のほか、著書に『アメリカの影』、『人類が永遠に続くのではないとしたら』、『戦後入門』、『言葉の降る日』など。

上岡伸雄(かみおか のぶお)
1958年生まれ。翻訳家、アメリカ文学研究者。学習院大学文学部英語英米文化学科教授。東京大学大学院修士課程修了。一九九八年アメリカ学会清水博賞受賞。フィリップ・ロス、ドン・デリーロなど現代アメリカを代表する作家の翻訳を手がけている。著書に『テロと文学』のほか『ニューヨークを読む』など、訳書に『ビリー・リンの永遠の一日』、『一時帰還』のほか『サブミッション』、『墜ちてゆく男』など。


【日時】
2016年7月11日(月)
20:00~22:00 (19:30開場)

【場所】
本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】
1500yen+500yen/1drink


Tue Jul 11, 2017
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500+500yen 1drink) SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
19,458 Followers