プレアカデミーvol.4「ドラマ教育ガイドブック」と教室現場をつなぐための体験ワーク

Description
☆専門家から学ぶ理論と実践☆
「ドラマ」を教育現場に実際に取り入れてみよう!

【タイトル】
『ドラマ教育ガイドブック』と教室現場をつなぐための体験ワーク

※『ドラマ教育ガイドブック』のためし読み&購入はコチラ↓
http://www.shin-yo-sha.co.jp/mokuroku/books/978-4-7885-1526-0.htm


【講師】
渡辺貴裕 先生   東京学芸大学教職大学院 准教授

専門は教育方法学。「学びの空間研究会」を主宰し、小中高の現場の先生方と共に、演劇的手法を用いた授業の可能性を実践的に追究。演劇教育・ドラマ教育関連の業績に関して、日本演劇教育連盟(2010年)、全国大学国語教育学会(2012年)、日本教育方法学会(2016年)より受賞。著書として「戦後日本教育方法論史(上)」(共著。ミネルヴァ書房、2017年)、「ドラマと学びの場」(共編著、晩成書房、2014年)、「時代を拓いた教師たちⅡ」(共著、日本標準、2009年)など。


【内容】
イギリスのドラマ教育では、『ドラマ教育ガイドブック』でも紹介されているように、「マイム」「ホットシーティング」「静止画」などさまざまな技法が蓄積されてきました。

これらは、椅子に座って一方的に教師の話を聞いて、というのではなく、子どもたちが身体や想像力を使って互いにかかわり合いながら能動的に学ぶ、まさに「アクティブ」な学び方です。

それではそれを日本の学校現場でどのように役立てることができるでしょうか? 日本の学校現場でも同種の取り組みはこれまでにも試みられてきています。さらに、ドラマ教育の発想と手法から学ぶことでどのような可能性が広がるか?

実際にワークを体験しながら、ドラマ教育と日本の学校現場との橋渡しとなるよう、考えていきましょう。


【詳細】
『ドラマ教育ガイドブック』を実際に教育現場やワークショップに取り入れてみよう!という方にピッタリの、ドラマが初めての方にも、気軽にご参加いただける体験講座です。教職大学院で教員養成にドラマを取り入れてきた現役講師から直接手法の導入を学べる貴重な機会です。人数に制限がございますのでお早めにお申し込みください。

料金:一般 3500円/メンバー 1500円
定員: 30名


※こちらはアプライドシアター研究所のプレアカデミーです。ラボ×アカデミー×カフェの3本柱を育みながら、アプライドシアターに関心のある方々と学びの場をつなぐこのコミュニティは、持続可能な場を目指して、メンバー制を取らせていただいています。メンバーにはどなたでもなることができます。
 メンバーになるには、個人情報の登録、入会費1万円、年会費3500円が必要です。メンバーに申込の方は、以下のチケット購入コーナーからお支払いいただき、メッセージにてご連絡いただければ登録票をお送りいたします。










Sun Sep 3, 2017
1:30 PM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
渋谷駅近(参加者に詳細を連絡します)
Tickets
一般 ¥3,500
メンバー ¥1,500
500円特割メンバーチケット ¥1,000
メンバー登録 ¥13,500
特別メンバー

Combini / ATM payment will be closed at the end of Sep 2, 2017.

Venue Address
渋谷駅近 Japan
Organizer
アプライドシアター(コミュニティ&ドラマエデュケーション)研究所
78 Followers
Attendees
1