Event is FINISHED

広報・PRプラクティカル・トレーニング
<クライシス対応トレーニング>

Description

クライシス・コミュニケーションの実践的ポイント

~初動から緊急記者会見まで~


<講座概要>

企業において、緊急事態発生の第一報が飛び込んだその瞬間から、広報・PR部門には的確な状況把握と冷静な判断、クライシス・コミュニケーションの方針・計画の立案と迅速な行動が求められます。
一刻を争う事態において適切な初動対応を行うこと・・・このことがその後の事態の行方を決定付けます。メディアが執拗に求める情報も不足し、困難を極める初動への的確な対処には、日頃からリスク対応に研究を深め事態を見極める洞察力を養うとともに、シミュレーションに基づくトレーニングが欠かせません。すなわち、クライシス・コミュニケーションに関する基本的な理解、危機進行のシナリオ想定及び原則に基づく初動のポイントを、平時からしっかりと身につけておくことが重要です。


7月21日開催の本トレーニングでは、クライシス・コミュニケーションのコンサルティングに長年の経験と実績を持つ石川慶子氏を講師に招き、講義とグループワークを通じて危機発生直後に不可欠なクライシス・コミュニケーションの考え方や初動における重要ポイント、クライシスシナリオの作成法等を習得します。また、緊急記者会見の開催を想定した広報部門の準備手順や、記者の信頼を獲得するために必要な登壇者の外見にかかわる注意等について学び、さらにトレーニングのまとめとして、緊急記者会見のシミュレーションを設定し講座のポイントを確認します。


初動から緊急記者会見にかけ一連のクライシス・コミュニケーションの実践ポイントを学ぶ本講座。広報・PRにかかわる多くの皆さまのご参加をお待ちします。


<講座アジェンダ>
● 最新事例から世論動向について考えを深める
● クライシス・コミュニケーションの基本的な考え方
● リスクマネジメント手法によるクライシスシナリオの作り方
● 初動三原則SPPのグループワーク
● 外見リスクマネジメント/服装、歩き方、ヘアメイク、表情等の注意
● 模擬記者会見と講評


<開講日> 2017年7月21日(金) 15:30~19:30

<会 場> 六本木アカデミーヒルズ49

<講 師> 広報コンサルタント/有限会社シン取締役社長 石川慶子 氏

[プロフィール]

東京都出身。東京女子大学卒業。
参議院事務局勤務後、劇場映画やテレビ番組の制作に携わる。その後、デジ タルコンテンツを専門とするPR会社勤務を経て独立。メディアリレーションズで20年以上、100プロジェクト以上の実績がある。
現在は企業のブランディングやPR戦略、経営者のメディアトレーニングや危機管理広報分野のコンサルティングサービスを提供。日本リスクマネジャー&コンサルタント協会理事、日本広報学会理事、公共コミュニケーション学会理事。


<申込期間> 7月19日(水)まで


<キャンセル・ポリシー> 必ずお読みください

  • キャンセルされる日程によって、以下のキャンセル料が発生いたします。
  • 講座実施11営業日前(7月5日)までのキャンセル … 無料
  • 講座実施10営業日前(7月6日)から6営業日前(7月12日)までのキャンセル … 受講料の50%
  • 講座実施5営業日前(7月13日)以降のキャンセル … 受講料の100%
  • キャンセルのご連絡なく当日欠席された方 … 受講料の100%

なお、キャンセルのご連絡は協会事務局宛に メール にてお願いいたします。お電話ではお受けできませんのでご了承ください。


その他、講座については、下記URLのページをご覧ください。

http://event.prsj.or.jp/pr-academy-2017/practical_crisis




Fri Jul 21, 2017
3:30 PM - 7:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般 SOLD OUT ¥25,920
PRプランナー取得者(准・補含む) SOLD OUT ¥22,680
日本PR協会会員 SOLD OUT ¥17,280
Venue Address
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階 Japan
Directions
日比谷線/六本木駅・徒歩3分(コンコースにて直結)
Organizer
日本PR協会のセミナー/イベント
621 Followers