Event is FINISHED

無料:稼ぐ地域ビジネスのつくり方。ゲスト:ツルハシブックス西田卓司さん

Description

茨城県北から始まる地域イノベーション!

茨城県北の起業家育成を行う新しい取り組み「IBARAKI KENPOKU INNOVATION AWARD SCHOOL 2017(仮称)」(通称:茨城イノベーションアワード・スクール)が2017年9月に開講します!

従来、県北地域ビジネス創出支援事業として行われていた内容を継続し展開される事業です)

開講に先立ち、茨城県内で活躍する方をゲストに迎え、「稼ぐ地域ビジネスのつくり方」をテーマ語り合うイベントです。

「地方創生」がキーワードとなり、地域商社、ローカルベンチャーが注目される中で、どうすれば地方で稼げるのか?稼げる地域ビジネスを創出できるのかをゲストと一緒に考えます。

参考リンク

9割の人が行動しない、稼ぐ地域ビジネスのつくり方


参加者限定の特典

総額800万円の茨城イノベーションアワードの情報も

イベント内では、ここだけでしか聞けない「総額800万円のビジネスプランコンテストと連動した人材育成講座」についての情報をお伝えします。

「県北からイノベーションを起こす」ことを掲げた起業家育成の全貌とは?

詳細情報のご案内はここでしか聞けない情報ばかりです。

※今回参加いただいた方には、茨城イノベーションアワード・スクールに優先的にご案内させていただきます。


■参加をお待ちしています!

- 地域ビジネスに興味がある企業・個人
- 起業・スタートアップ・ベンチャーに興味関心がある企業・個人
- 地方移住に興味関心がある企業・個人
- 働き方に興味のある企業・個人
※同業者、ネットワーキング目的の方のご参加はお断りをさせて頂きます。

■ゲスト紹介

現代美術家/余白デザイナー ツルハシブックス劇団員(店主)
西田卓司 様

1974年8月3日千葉県出身。「米の研究がしたい」と新潟大学農学部へ進学。生まれて初めての農作業に感動し、「畑は人が集まる拠点になる」と1999年「まきどき村」を発足。現在も毎週日曜日、農作業後に囲炉裏を囲んで朝ごはんを食べる「人生最高の朝ごはん」を開催。

2002年、不登校の中学3年生との出会いから「地域の大人と中高生をつなぎたい」とNPO法人を設立。2006年、「チャレンジコミュニティプロジェクト」に参画し、新潟で長期実践型インターンシップ「起業家留学」を立ち上げる。2009年の地域若者チャレンジ大賞で、金賞(グランプリ)・会場共感賞をダブル受賞。インターンを含め、「若者の地域活動の入り口をつくりたい」と2011年3月、新潟市西区に「ツルハシブックス」を開業。

同年7月、地下古本コーナー「HAKKUTSU」をスタート。2015年1月から茨城に移住し、大学生の地域プロジェクトをコーディネートしながら、東京・練馬の「暗やみ本屋ハックツ」や新潟・内野の「つながる米屋 コメタク」、大阪・千林の「こめつぶ本屋」、川崎・武蔵新城「屋台のある本屋 新庄劇場」などを手がける。


ファシリーテーター


若松佑樹(わかまつ ゆうき)

茨城県日立市生まれ。東京大学大学院修士課程修了。

上場前のネット広告代理店にて、年間70件以上の案件運用に関わった後、海外での新規プロジェクトの立ち上げや新規事業開発に従事する。

その後、食と農のシンクタンク会社に転職し、特産品のコンサルティング、直売所の立ち上げ支援、地域リーダーの人材育成などを行う。

2014年10月にUターン&独立する。

インターン事業を中心とした若者の人材育成と地域の中小企業の経営革新を行う。


パネルディスカッションゲスト


菅原広豊(すがわら ひろと)

1984年生まれ。秋田県秋田市出身。茨城県日立市在住。
会社員をしながら、2013年に「教育」をテーマにしたコミュニティ「ヒタチモン大學」を設立。「家族で学べる場」をコンセプトに、地域に密着したイベントを開催。地元生産者や酒蔵とタイアップした試食会、芋掘り体験や読書会など、幅広い年齢層が参加できるイベントを企画。3歳~90歳まで参加する、多世代のコミュニティづくりを実践している。地元は秋田県。移り住んだ地の茨城・日立の街が閑散としていくのが嫌だと思いつつ、モヤモヤとしたまま何もできないでいた。しかし、勇気を出してヒタチモン大学を設立した。また、「人が心を動かされていること」を集める収集家でもあり、日々街を歩きながらデータ、事例を集めている。現在は収集したデータ、事例を活かしながら、地域のジョイントリーダーとして人と人をつなぎ、場づくりをしている。


オカダタクヤ

2012年からITベンチャー企業で、Webディレクターとして活動。

Webディレクターの領域にとどまらず、ITベンチャー企業等のプロジェクトマネジメントを多数経験。

■クラウドファンディングプロデュース:現在までに資金調達をサポートプロジェクトは総額2000万円以上にのぼる。達成確率は、90%以上。

■地域に特化した情報サイトを運営:月間10万人以上の読者がいる情報サイト「MACHI LOG」の運営も実施。現地取材を重要視しており、これまでに100人以上の地域リーダーの取材を実施

現地取材から、進行管理、そしてクラウドファンディングまでを総合的にサポートを行う。

スケジュール

18:30 開場 *開場前は、準備のため入場できません予めご了承下さい


19:00 開会挨拶・主旨、今回の取り組みについて

茨城県から茨城イノベーションアワード・スクールの取り組みについて紹介

19:15 ゲスト講演

*イベントの進行上19:30以降は入場を締め切らさせていただきます。予めご了承下さいませ。


19:30 パネルディスカッション

20:00 名刺交換・交流会

20:30 終了予定

21:00 完全撤収

このイベントは、東京開催と水戸開催を相互に開催しています。

第1回目は、東京・霞が関にて開催しました。イベントの様子をご紹介します!


ゲストにNTTドコモ・ベンチャーズの大前浩司さんをお招きし開催しました!

パネルディスカッションのテーマは、「起業しやすい環境とは?」

詳しくは、下記のレポートをご覧ください。

【参考】

*当日は、取材撮影が入ります皆様が映り込む可能性がございます。あらかじめご了承くださいませ。

*営業・セールス・視察を目的にした参加はお控えくださいますよう、よろしくお願いします。

*取材をご希望の方は、下記からお問い合わせください
http://giftstotheearth.com/corp/?page_id=1167



共催:茨城県庁、NPO法人まちづくりGIFT

茨城県の北部地域ではじめる新たな“ビジネス起こし”を応援します!

茨城イノベーションアワード・スクールは、茨城県の北部で地域資源を活用したビジネスや、地域の課題解決につながるビジネスの創出を支援し、地域活性化を目指す新たなプロジェクトです。




Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2017-06-05 07:49:09
More updates
Thu Jun 22, 2017
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
無料参加チケット FULL
Venue Address
茨城県水戸市三の丸1-5-38 Japan
Directions
JR水戸駅北口から国道50号を大工町方面へ向かい、「中央郵便局前交差点」を右折します。 2つ目の信号「裁判所東交差点」右手が三の丸庁舎正面入口となります。(徒歩約15分)
Organizer
MACHI LOG
6,134 Followers
Attendees
57