Event is FINISHED

Brexit後の欧州の情報通信政策の展開

Description

米国におけるトランプ大統領の誕生と、英国のEU離脱決定は、グローバルな国際関係や経済政策に大きな影響を与えつつある。とりわけ国内産業の保護を重視する両国の政策は、個人情報保護、越境データ移転、データローカライゼーションなどの情報通信政策にも大きな影響を与えることが予想される。モバイル通信のローミング、越境データ移転、個人情報保護に関するプライバシーシールド、ネットワーク中立性など、両国の大きな政策転換が情報通信政策にどのような影響を及ぼすか、不透明な部分は多い。

本公開コロキウムでは、ブリュッセル欧州世界経済研究所シニアフェローを務め、欧州における通信政策に精通するJ. Scott Marcus氏を迎え、トランプ大統領誕生/Brexit後の情報通信政策について概観する。また、中央大学総合政策学部教授の実積寿也氏をコメンテーターに迎え、日本にとってのインプリケーション等を議論する。

 ※基本的に英語での開催ですが、日本語による簡単な解説が付きます。

  • 参加費
    無料

  • 定員
    60名(先着順)

  • GLOCOMウェブページ

  • 講師略歴
    J. Scott Marcus
    (ブリュッセル欧州世界経済研究所シニアフェロー/国際大学GLOCOMフェロー)
    J. Scott Marcus is a Senior Fellow at the Brussels-based think tank Bruegel, a GLOCOM Fellow, and an independent consultant. Much of his work deals with policy and regulatory issues related to electronic communications. He is best known as an economist, but his academic training is as a political scientist (with a specialty in public administration) and as an engineer. He is based in Brussels, Belgium, and in Bonn, Germany.
    Current and past private consulting clients have included the European Parliament; the Electronic Frontier Foundation (EFF); the International Telecommunications Union (ITU); national regulatory authorities of Bahrain, Jamaica, and Namibia; and various market players.
    From July 2005 to August 2015, Scott Marcus served as a Director of WIK-Consult GmbH in Bad Honnef, Germany. In this role, he led many widely acclaimed projects for the European Parliament, European Commission, and various national governments and regulatory authorities.
    Scott Marcus holds a B.A. in Political Science (Public Administration) from the City College of New York, and an M.S. from the School of Engineering, Columbia University.

    実積寿也 【コメンテーター】
    (中央大学総合政策学部教授/国際大学GLOCOM上席客員研究員)
    東京大学法学部卒業、ニューヨーク大学経営大学院修了、早稲田大学大学院国際情報通信研究科博士課程修了。MBA(finance)、博士(国際情報通信学)。郵政省(現 総務省)などを経て、2004年より九州大学大学院経済学研究院助教授、2009年より九州大学大学院経済学研究院教授、2017年より中央大学総合政策学部教授。
    総務省情報通信政策研究所特別上級研究員、国際大学GLOCOM上席客員研究員、総務省AIネットワーク社会推進会議構成員などを務める。

    高木聡一郎【モデレーター】
    (国際大学GLOCOM主幹研究員/准教授/研究部長)


  • 会場
    国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
    〒106-0032 東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル2階
    http://www.glocom.ac.jp/access/

  • お問い合わせ
     国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)
     TEL: 03-5411-6677
     E-mail: info_pf[at]glocom.ac.jp (担当:小島・武田)

    ※ [at] を小文字の@にしてご連絡ください。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#251929 2017-06-06 00:58:08
More updates
Mon Jun 19, 2017
4:00 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
Tickets
一般 FULL
Venue Address
東京都港区六本木6-15-21ハークス六本木ビル2F Japan
Directions
http://www.glocom.ac.jp/access
Organizer
国際大学GLOCOM
1,033 Followers
Attendees
60