Event is FINISHED

とよおか地域診断サミット

Description

とよおか地域診断サミットは、地域に興味ある若者で、街を探り、医療×まちづくりの新しい解決策を実践していくプロジェクト型コミュニティです。


”まちづくり×医療”

認知症や慢性疾患が増えてくる時代、地域包括ケアの中で医療者だけでなく地域住民全体で健康を支えていかなければならない時代になりました。まちなかで健康カフェやまちの保健室のような活動も増えてきましたが、まだまだ少ない印象です。

まちづくりをしている地域の若者とまちづくりに興味のある若手医療者で、地域を探り、実践すれば、きっと地域の健康に繋がっていくはず。そうして、この3回目となる地域診断プロジェクトは医療とまちづくりをテーマに開催するに至りました。


対象地域は豊岡市

対象とする地域は兵庫県豊岡市。京阪神から2時間半という隔絶された地域に8万人の人が住むまち。それゆえ自然豊か、観光資源豊かで城崎温泉や豊岡鞄、コウノトリの再生が有名です。世界中のアーティストが集まるアーティストインレジリエンス城崎国際アートセンター、クラウドファンディングで再生した映画館豊岡劇場、世界的にも珍しいかばん職人学校”Toyooka Kaban Artisan School”など、新しい取り組みも広がっています。医療では、ドクターヘリの出動件数日本一の公立豊岡病院が情熱大陸に取り上げられています。

そんな豊岡市が実は、在宅死率が日本一なのです(5万人以上の都市で)。それは、地域包括ケアや医療費適正化の文脈で、在宅医療や在宅看取りが推進されるこの時代に求められること。今回は、その理由を解き明かしていきます。


このプロジェクトのポイント

1.多彩なメンバー

すでに医療者のみならず、地域おこし協力隊やコミュニティデザイナーなど幅広い方々の参加が決まっています。様々な職種、年齢、立場から豊岡市を探っていきます。

2.ResearchからActionの実践まで

豊岡市の在宅死率の原因を統計、ヒアリング、フィールドワークから探るだけでなく、豊岡市民のwell-beingのためにできることを、参加者でチームを組み、実践していきます。

3.様々な支援

高校生向けのマイプロをされているフロプロさん、地域の健康課題の解決をデザインするGood neighbors companyさん、統計データ処理でJADECOMヘルスプロモーションセンターさんなどが関わり、よりワクワクするプログラムを作っています。


僕たちは、豊岡市を、医療×まちづくりに興味のある人が集う秘密基地のような場所にしたいと思っています。地域作りに楽しんで取り組む医療者と医療について知る若者が増えれば、日本の地域の未来は、明るくなると信じています。ぜひ一緒に医療×まちづくりの実践をしませんか?


スケジュール

7/9(Sun)      キックオフ(基調講演+統計データ処理)    Studio Citizen(大阪)

7/28(Fri)-30(Sun) 地域診断サミット(フィールドワークヒアリング)  豊岡市民プラザ(豊岡)

7/31(Mon)-    豊岡市内でプロジェクトの立案、実行      豊岡市内

9/17(Sun)     住民向け報告会               未定(豊岡)


キックオフ 特別セッション 演者

井階友貴 (いかいともき) 2005年滋賀医大卒。2007年兵庫県立柏原病院にて地域医療崩壊の現状を知る。2008年より高浜町和田診療所、2009年より福井大学地域プライマリケア講座に所属、2012年より同講師。住民、行政、医療者が三位一体となった理想の地域医療を追求し、医学教育、住民啓発に奮闘。編著に『一歩先行く地域医療 はじめよう 住民・行政・医療者の三位一体による地域医療革命』ほか。


清水愛子 (しみずあいこ) 1980年生まれ、東京在住。慶応義塾大学政策・メディア研究科を修了後、NOKIAインサイト&イノベーションチームを経て、2008年より博報堂イノベーションラボに参画。イノベーションコンサルティング業務を通じて、高齢化地域のヘルスケア課題に関心を持ち2013年に独立。高齢化地域の医療・介護・福祉における創造的な課題解決を目指して、グッドネイバーズカンパニー設立。


佐伯亮太 (さいきりょうた) 1988年生まれ。豊岡市生まれ。横浜国立大学大学院卒。地元商店街に入り込み、様々なイベントを企画するなど、地域と深く関わることを知る。その後、母校である明石高専への就職を機に播磨町へ。学生が地域へ出て活動出来る受け入れ先づくり、地域との関係づくりを行っている。その傍ら大学・大学院で学んだ建築デザインやまちづくりの知識を活かし、団地をリノベーションした場づくりを実践している。



コアスタッフ

守本陽一(もりもとよういち) 1993年生まれ。兵庫県養父市出身。自治医科大学医学部6年。地域の医療者と住民が手を取り合い、健康を考えるまちづくりを目指して活動中。


瀬戸大喜(せとだいき)1992年生まれ。京都府宇治市出身。神戸大学発達科学部卒。篠山市を中心に活動する一方「コミュニティ鍼灸師」を目指し、神戸東洋医療学院に在学中。


==========================

募集要項


・対象

地域に興味のある若手

どれか一つでも当てはまる方はオススメです


・現状の地域の健康課題に対して、問題意識や変えたい想いがある若手

・医療、まちづくりに関して、切磋琢磨しながら、新しいことをやってみたい人

・まちづくりに興味はあるが踏み出せない若手医療者

・医療に距離感があるまちづくり系の若手


・参加費

すべての企画に参加可能な方:無料(宿泊費、現地活動費込、他豊岡市までの交通費一部助成)

 ※本企画は在宅医療助成勇美記念財団の助成で研究目的に運営しております。

一部企画のみ参加の方
 7/9キックオフのみ:2000円(資料代ほか実費分)

 7/28-30地域診断サミットのみ:無料(ただし宿泊費約7000円など実費をいただきます)

・定員

24名


助成: 公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団 

協力: 但馬ゆかりの医療系学生の集い、一般社団法人グッドネイバーズカンパニー、一般社団法人全国FROM PROJECT、公益社団法人地域医療振興協会ヘルスプロモーションセンター、豊岡市、兵庫県豊岡健康福祉事務所


主催:とよおか地域診断サミット実行委員会

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#254445 2017-06-15 06:02:31
More updates
Sun Jul 9, 2017
11:00 AM - 2:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
豊岡市ほか
Tickets
参加チケット(全参加可能な方) FULL
参加チケット(7/9キックオフ特別セッションのみの参加の方) SOLD OUT ¥2,000
参加チケット(7/28-30地域診断のみ参加の方) FULL
Venue Address
豊岡市ほか Japan
Organizer
とよおか地域診断サミット実行委員会
26 Followers