Event is FINISHED

ビールで乾杯&トークショー『ローカルから中央へ。インディーズからメジャーへ。』仲俣暁生×小松理虔×三根かよこ

Description

この瞬間も膨大に生み出される情報コンテンツ。消化が追いつかないまま、より複雑性を増す世界の相貌。

今、求められる『編集』とは何なのか?
私たちは何を生み出せば、今日より明日をよく生きることができるのか?

4月に創刊した『たたみかた』はなぜ創刊テーマを『福島』にしたのか?を皮切りにトークをはじめてまいります。
福島のことを考えることは、私たちの『生き方』を考えることに繋がると思うから。ヨソ者だった私たちが、どう福島を想い、どう関わっていくのがいいのか、福島の地で話したいと思っています。この日、集まったみなさまと共に

ローカルから、中央へ。
インディーズから、メジャーへ。

逆方向から働きかけるさざなみのような言葉、そして編集とは?
震災から6年、いよいよ新たなフェーズへ進むための、希望のトークショー。

あらゆるメディアを縦横無尽に見渡す仲俣暁生、いわきで絶え間なく発信を続けてきた小松理虔、この春創刊した『たたみかた』編集長の三根かよこ。必ずや持って帰ってもらえるものの多いトークショーになるはずです。

当日、湘南の出版社『アタシ社』が、湘南で愛されるビール&おつまみをお持ちします。まずは乾杯をしながら、トークをはじめます。おなじみの、鎌倉のおやつもお土産にお持ちします。

【参加費】
1500円(クラフトビール1本・おつまみ・おやつ付)

【宿泊について】
当日の会場はいわき駅から徒歩5分。近隣にカプセルホテルやビジネスホテルがございますので、宿泊される方は早めにご予約を。
http://www.jalan.net/biz/070000/STA_990080/

【プロフィール】
●仲俣暁生(なかまた・あきお)
1964年東京都生まれ。フリー編集者、文筆家。「マガジン航」編集発行人。早稲田大学政治経済学部政治学科卒。『シティロード』、『ワイアード日本版』などの雑誌編集部を経て、1997年より2005年まで『季刊・本とコンピュータ』のプロジェクトに参加(03~05年は編集長)。同誌終刊後、現代文学論、出版メディア論の執筆のかたわら、フリーランスで書籍やウェブサイトの企画・制作・編集にたずさわる。09年に株式会社ボイジャーと出版の未来を考えるWebメディア「マガジン航」を創刊
http://magazine-k.jp/

●小松理虔(こまつ・りけん)
1979年福島県いわき市生まれ。報道記者、雑誌編集者、かまぼこメーカー勤務などを経て現在はフリーランスの広報/ライター。同市内でオルタナティブスペース「UDOK.」を主宰し様々な活動を行っている。共著に『常磐線中心主義』(河出書房新社)。思想家の東浩紀による『ゲンロンβ』でもエッセイを長期連載中。

●三根かよこ(みね・かよこ)
1986年千葉県生まれ、カナダのバンクーバーで7年過ごす。
リクルートの情報誌でディレクターを6年経験、在職中に桑沢デザイン研究所ビジュアルデザイン科へ入学・卒業。現在は神奈川県の逗子にて、夫婦出版社『アタシ社』を立ち上げ、2017年4月15日に『たたみかた』を創刊し、その編集長を務める。他、美容文藝誌『髪とアタシ』などの雑誌や、書籍のデザインを担当する。

●ミネシンゴ(モデレーター)
1984年横浜生まれ、逗子在住。東京、神奈川で美容師4年、美容専門出版社 髪書房にて月刊Ocappa編集部に2年在籍したのち、2011年10月にリクルート入社。リクルート在籍中に「美容文藝誌 髪とアタシ」を創刊。2015年に夫婦出版社『アタシ社』を立ち上げ、現在に至る。
・「OZ magazine」鎌倉ネタ 連載中
・渋谷のラジオ「渋谷の美容師」パーソナリティ など多


4月15日に創刊した『たたみかた』の購入はこちらから


Sat Jun 17, 2017
6:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
いわき・もりたか屋
Tickets
入場料(クラフトビール・おつまみ・おやつ付) SOLD OUT ¥1,500
Venue Address
いわき市平3-34 Japan
Directions
いわき駅より徒歩5分
Organizer
たたみかた
9 Followers