Event is FINISHED

歴史に筋を通す~勝手にしやがれ、天下国家!

Description



世界は今、混沌としている。

わが国でも「戦後」のシステムが行き詰まり、さまざまな歪みが出ているのはご承知の通り。

そんな混沌と混乱の中で、われわれはどこに行こうとしているのか?

日本経済はデフレを脱却できず、

政治は改憲や国防強化など、ナショナリズムを強めるようでありながら

さらなる構造改革や移民受け入れといったグローバル化にも突き進む。

だが世界は、もはやグローバル化疲れの様相を呈しているのだ。


わが国を待ち受けるのは、「祖国再生」か「戦争への道」か?

それとも両者はそろって幻なのか?

右も左も分からない時代に、「保守」や「左翼・リベラル」といった区分はまだ意味を持っているのか?

従来の枠組みが総崩れとなる中、作家・評論家の佐藤健志が鋭く語り、答えるトークライブ。

われわれの未来は「見えないものを見ようとする」ことにしかないのかも知れない。


・佐藤健志プロフィール

1966年東京生まれ。東京大学教養学部卒業。

戯曲『ブロークン・ジャパニーズ』で文化庁舞台芸術創作奨励特別賞を受賞。

1992年、『ゴジラとヤマトとぼくらの民主主義』で評論活動を開始。以来、作劇術の観点から時代や社会を分析する独自の評論を展開。

2009〜2011年には、FM番組「サウンドトラックス・インターゾーン」で構成・選曲・DJの三役を担当。


著書に『右の売国、左の亡国 2020年、日本は世界の中心で消滅する』『戦後脱却で、日本は「右傾化」して属国化する』『僕たちは戦後史を知らない』『愛国のパラドックス』『震災ゴジラ! 戦後は破局へと回帰する』『本格保守宣言』『チングー・韓国の友人』など多数。

また共著に『対論 「炎上」日本のメカニズム』(with 藤井聡、2017年6月20日刊行)『国家のツジツマ 新たな日本への筋立て』(with 中野剛志)、翻訳書に『〈新訳〉フランス革命の省察』『コモン・センス完全版』がある。

公式サイト http://kenjisato1966.com/

公式Twitter https://twitter.com/kenjisato1966


※ トークショーの間は撮影、録音、録画禁止となります。予めご了承ください。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2017-06-17 03:45:57
Thu Jun 22, 2017
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
新宿LEFKADA
Tickets
自由 SOLD OUT ¥3,000
Venue Address
新宿区新宿5-12-4 リーレ新宿ビルB1 Japan
Directions
JR「新宿」駅下車 東口から徒歩15分
Organizer
カルティベイトの会
12 Followers