Event is FINISHED

ハーバード・ケースで学ぶオープンイノベーション

Description

ケースメソッドとは、ハーバード・ビジネススクールにおいて 開発・改良されてきた実践的な経営教育の方法で、参加者と講師が現実の経営事例を教材にして議論を行いながら、 『現実と同等の状況で意思決定を行う』練を積み重ねることで経営スキルを修得します。


今回は事業会社がオープンイノベーションに乗り出す誘因及び合理性を再確認しつつ、ドイツの代表的大企業であるシーメンスを例に、オープンイノベーションの様々な施策、それに伴う組織文化の変化を論じます。その上で、オープンイノベーションの成功要因、失敗要因を探ります。

------------------------------------------------------------------------------
【プログラム内容】
<事前準備>

①英文テキストを事前に読む(入金確認後)

②Case Question(4つ程度)に対する自分なりの回答を用意

<当日>

③ケースディスカッション

④まとめ

  ※ディスカッションは日本語で行いますので語学力は問いません。
  ただし事前に英文テキストを読んでおく必要はあります。



【使用する教材】

  『Open Innovation at Siemens


*お申込みいただいた方(参加費お支払後)に課題テキストとCase Questionをお送りします。
(テキスト配布後のキャンセルはできませんのでご注意ください)
------------------------------------------------------------------------------


【講師紹介】
樋原伸彦氏
早稲田大学ビジネススクール准教授

http://hibara-wbs.com/


【略歴】
1988年東京大学教養学部卒業、東京銀行(現・三菱東京UFJ銀行)入行。
世界銀行コンサルタント、通商産業省通商産業研究所(現・経済産業省経済産業研究所)客員研究員、米コロンビア大学ビジネススクール日本経済経営研究所助手、カナダ・サスカチュワン大学ビジネススクール助教授を経て2006年立命館大学経営学部准教授。
2011年から現職。米コロンビア大学大学院でPh.D.(経済学)を取得。専門はベンチャーキャピタル、イノベーションのためのファイナンス。

主な著書・論文

  • 樋原伸彦「オープン・イノベーションとCVC投資」早稲田国際経営研究48:pp.71-78、2017.
  • 樋原伸彦「オーナーシップのデザイン – M&Aとファイナンス–」『MBAビジネスデザイン 戦略設計の基本と応用』pp.213-229、日経BP社、2015年。
  • 樋原伸彦「NTBFs クラスターの形成・成長・持続とVCセクターの創出-ミュンヘン・バイオ・クラスターを中心に-」、西澤昭夫編『ハイテク産業を創る地域システム』2012 年、有斐閣。
  • Nobuhiko Hibara, Prem G. Mathew and Theodore A. Khoury, “Entrepreneurial Foresight and the Endogenous Choice of Market Intermediaries in the IPO Process,”Academy of Management, August 2010.
  • Nobuhiko Hibara and Prem G. Mathew, “Grandstanding and Venture Capital Firms in Newly Established IPO Markets,” Journal of Entrepreneurial Finance and Business Ventures, pp. 77-90, Volume 9, Issue 3, 2004.
  • 大杉謙一・樋原伸彦「ベンチャー企業における種類株式の活用と法制-『法と経済学』 の視座からの具体的提案-」pp. 246-266, 江頭憲治郎・武井一浩編「上級商法・閉鎖会社編」, 2004 年。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2017-06-16 08:37:44
Sun Jun 25, 2017
10:00 AM - 12:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
大阪イノベーションハブ
Tickets
受講料 SOLD OUT ¥10,800
Venue Address
大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタルタワーC 7階 Japan
Directions
JR「大阪駅」より徒歩7分/地下鉄御堂筋線「梅田駅」より徒歩10分/阪急「梅田駅」より徒歩10分
Organizer
Hibara Office
17 Followers