Event is FINISHED

Race for Resilience 東京 ハッカソン

世界防災・減災ハッカソン(東京会場)
Description

2014年2月、ICTを防災、減災に活用し、イノベーションを推進することを目的とし、グローバル防災・減災アイデアソン・ハッカソンを開催します。

「発展途上国×防災・減災」という日本で暮らす私たちになじみのうすいテーマに挑戦するこのハッカソン、プログラマーやエンジニアに加え、発展途上国で支援を行う専門家、学生など様々な職業、バックグラウンドをもつ参加者が「防災・減災」という同じゴールに向かって、それぞれの強みを生かし様々なやり方で自由に走っていくレースのような、楽しさと多様性を伴ったものとなるように"Race for Resilience"と名付けました。

初年度となる2014年は日本を筆頭に、アジア数カ国およびハイチ、ロンドン(他順次交渉中)において、同時開催となります。 2月に行われる各国でのハッカソンの後、各国の最優秀プロダクトはグローバル審査に進み、2014年7月にイギリスにてグローバルアワード表彰式が行われるほか、2015年3月の国連防災世界会議でも成果発表が行われます。

実際にNPOやNGO、世銀関連機関の発展途上国の防災・減災活動に取り入れられるようなソフトウェア、ハードウェアをつくりあげ、自然災害に対してしなやかな社会をつくることを目指します。

ハッカソンでは、2日間のうちに、発展途上国の防災・減災に役立つソフトウェア・ハードウェアをつくりあげます。2日目の午後から審査員により審査が行われ、各会場、最優秀賞、優秀賞、各賞が発表されます。各会場1チームがグローバル審査に進みます。ハッカソン終了後、世界中の途上国支援団体の関係者が防災の課題とそれに対する解決ツールを見つけられるよう、本ハッカソンで生まれたすべてのアプリ、プロダクト、制作者のデータはグローバルサイトに掲載され、誰でも閲覧できるようにさせていただきます。


開催概要

アイデアソン 東京会場
【日時】2月8日(土) 10:00-22:00
    2月9日(日) 10:00-17:00(懇親会17:00~)
【場所】東京大学 駒場リサーチキャンパス An棟2Fコンベンションホール(東京都目黒区駒場4-6-1) 
【定員】東京会場100名 参加費無料    
【対象】発展途上国の防災、減災に興味がある方。世代、国籍、性別、職種は問いません。プログラマや技術者、デザイナー、研究者を始め、ビジネスパーソンや学生など制限はありません。

Event Timeline
Feb 8 - Feb 9, 2014
[ Sat ] - [ Sun ]
10:00 AM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京大学 駒場リサーチキャンパス An棟2Fコンベンションホール
Tickets
一般参加

On sale until Feb 7, 2014, 11:00:00 PM

Venue Address
東京都目黒区駒場4-6-1 Japan
Organizer
Race for Resilience 実行委員会(レース・フォー・レジリエンス実行委員会)
66 Followers