Event is FINISHED

『能』新潮新書刊行記念講演会~「能を数学で、聞く」森田真生×安田登

Description
古典のみならず、能の手法そのものを取り入れた舞台の演出をも手がける、能楽師の安田登さん。その魅力にはまり、「能の真髄を知りたい」という方が数多くいらっしゃいます。そんな声にお応えして、読みやすい新書として、能のことをまとめました。

この本が一味違うのは、650年続いた能の構造や効能を「いまに活かす」ことを前提にしている点です。古典を愛する安田さんならではの知識と、数々の舞台に立ってきての感覚から得た知見が、能の新たな世界へと、私たちを誘います。

能は過去のものではなく、「今に生きる」そして「今に活かせる」芸能なのです。
そうなると、「能の方法論を活かす新たな突破口」を模索したくなります。

そこで今回は、数学を研究する森田真生さんと語っていただくことにしました。しかも、テーマは「心」。いわゆる「人工知能」「人工生命」といった既定路線とはまったく違う、能を生んだ風土ならではの Artificial Mindへのアプローチについて話をする予定です。ご期待ください!

【概要】
日時;9月22日(金)
18時20分開場
18時45分開始~(21時終了予定)

〒136-0071 東京都江東区亀戸2-19-1
JR総武線・東武亀戸線「亀戸」駅、北口より徒歩2分。駅からすぐです。

参加費;2500円
(参加の方には、当日新潮新書『能』を資料としてお配りいたします。)

【プロフィール】
1985年、東京都生まれ。独立研究者。東京大学理学部数学科を卒業後、独立。現在は京都に拠点を構え、在野で研究活動を続ける傍ら、全国各地で「数学の演奏会」や「大人のための数学講座」など、ライブ活動を行っている。著作に『数学する身体、編著に『数学する人生』(共に新潮社)がある。

1956(昭和31)年、千葉県銚子生まれ。下掛宝生流能楽師。能のメソッドを使った作品の創作、演出、出演も行う。著書に『異界を旅する能』『身体感覚で「論語」を読みなおす。』他多数。

【新書『能~650年続いた仕掛けとはの内容】
なぜ650年も続いたのか――。足利義満、信長、秀吉、家康、歴代将軍、さらに、芭蕉に漱石までもが謡い、愛した能。世阿弥による「愛される」ための仕掛けの数々や、歴史上の偉人たちに「必要とされてきた」理由を、現役の能楽師が縦横に語る。「観るとすぐに眠くなる」という人にも、その凄さ、効能、存在意義が見えてくる一冊。
[巻末に「能をやってみたい」人への入門情報やお勧め本リスト付き]
新潮新書より9月15日に発売予定です(税込み予価821円)。

【イベントについて追記】
・車椅子でお越しの方は、事前にお知らせいただけるとお待たせせずにご案内できます。お気軽にどうぞ。

・ご購入いただいたチケットは、取り替え、変更、キャンセルなどお断りしております。

お問い合わせ;新潮社 tel 03-3266-5611(平日の日中のみ)
Fri Sep 22, 2017
6:45 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
自由席(『能』新潮新書当日配布) SOLD OUT ¥2,500
Venue Address
亀戸文化センター3階 カメリアホール 〒136-0071 東京都江東区亀戸2-19-1 Japan
Directions
JR総武線・東武亀戸線「亀戸」駅、北口より徒歩2分。
Organizer
新潮社
1,089 Followers