Event is FINISHED

日本・現代・写真史を学びなおす(高橋恭司・山内宏泰)

Description

木村伊兵衛やPROVOKE、『センチメンタルな旅』に牛腸茂雄……。

写真大国ニッポンには、独自の立派な写真史があります。

が、こと現代に目を向けてみれば、どうでしょう。この四半世紀に日本の写真表現の世界で何が起こったか知ろうと思っても、まとまった読み物や資料は見当たらないのが現状です。

ならば、つくってしまえばいい。

写真家・高橋恭司が自身の体験から、また時代を代表するイメージを示しながら、1990年代以降の写真シーンを語り尽くします。そしてライター・山内宏泰が、年代ごとに起こったことを整理します。

思えばこの四半世紀は、日本の写真表現が激動する時代でした。これを辿り直すのは、たいへん刺激的な行為になるはずです。

くわえて。学んだことは、実地に生かしてこそ意味がある。写真現代史を踏まえたうえで、みなさんにお持ちいただいた自身の作品を、高橋恭司がじっくりと見て、講評をします。

講座は全6回。第1回では、199195年のころをふりかえります。


第1回

日時:5月20日 15時〜1730

テーマと内容:日本写真の199195年、高橋恭司の199195年、この時代の一枚のイメージから、作品講評。

募集人数:20名まで

会場:株式会社コルク 渋谷区神宮前6−23−3 3階

会費:1回4000

Sat May 20, 2017
3:00 PM - 5:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
株式会社コルク
Tickets
(第1回)日本写真の1991〜95年、高橋恭司の1991〜95年、この時代の一枚のイメージから、作品講評。 SOLD OUT ¥4,000
Venue Address
渋谷区神宮前6-23-3, 3F Japan
Organizer
山内宏泰
391 Followers