Event is FINISHED

釣り人たちの夜

Description
ツブヤ大学でまた新たな企画を行います。
それは釣りを趣味とする人、仕事にする人が思う存分「釣り」の醍醐味を語るイベント。

名称もそのまま「釣り人たちの夜」と名付けました。
なかなか個性豊かな4名の出演者が、縦横無尽に語り合うため、

非常に専門的な話も出てくるかも知れませんが、
飛び出すウンチクで楽しめるトークセッションになること間違いナシです。

ぜひ、少しでも釣り分野に興味ある方のご参加をお待ちしております。

【出演者】
指出一正

月刊ソトコト編集長

1969年群馬県生まれ。上智大学法学部国際関係法学科卒業。雑誌『Outdoor』編集部、『Rod and Reel』編集長を経て、現『ソトコト』編集長。 ロハス発祥の地と言われる、アメリカ・コロラド州ボールダーや、アフリカ、アイスランド、中国の現地取材を担当。島根県「しまコトアカデミー」メイン講師。広島県「ひろしま里山ウェーブ拡大プロジェクト」全体統括メンター。広島県「ひろしま里山ソーシャルカフェ」トータルファシリテーター。高知県文化広報誌『とさぶし』編集委員。地域若者チャレンジ大賞審査員(主催:NPO法人ETIC.)。READYFOR OF THE YEAR審査員。国連持続可能な消費と生産10年計画枠組み(10YFP)「持続可能なライフスタイル及び教育(SLE)」プログラム作業部会委員。ソーシャルスタートアップ・アクセラレータープログラム「SUSANOO」メンター。久米島町アドバイザー。広島県「ひろしま さとやま未来博2017」総合監修。趣味はフライフィッシングとタナゴ釣り。


西田二郎

読売テレビ編成局編成企画部長
1965年生まれ。大阪市立大学経済学部卒業後、1989年読売テレビ入社。「11PM」「EXテレビ」を経て「ダウンタウンDX」を演出。1998年制作会社に出向し、あまたの放送局と番組を制作。2002年読売テレビに戻り、東京制作局チーフプロデューサーとして、人とのつながりをテーマにソーシャルな展開をいち早く取り組み、関西で話題の「ガリゲル」を演出。 現在は、営業企画開発という形にとらわれない新しいメディアビジネスとクリエイティブの融合を模索し、現在は編成企画部にて新しいコンテンツ開発の現場に。


カズワタベ

ウミーベ株式会社 代表取締役
1986年生まれ。東京で音楽活動、スタートアップの創業に関わり、2013年に福岡に移住、2014年8月ウミーベ株式会社を設立。「釣りを、やさしく。」をコンセプトに、ITやデザインを活用した釣り人向けサービスを展開している。現在は釣り人向けスマホアプリ「ツリバカメラ」、国内最大級の釣りの情報サイト「ツリホウ」を開発運営。


寺沢

寺沢卓(てらさわ・たかし)1964年(昭39)3月27日、北海道釧路市の炭坑で生まれる。廃山で町が消滅し6歳で横浜市に移住。2浪後、日本大学国際関係学部に入学。学祭実行委員長などをきっかけに日刊スポーツ新聞社静岡支局でアルバイト。不動産営業を経て89年に日刊スポーツ入社。整理部からスタートし、東北支社、芸能、レジャー、釣り、サッカー、社会と渡り歩き、現在釣り担当として日本全国でサオを出す。年間150日前後釣りをしている。釣りを日本の伝統ととらえ、義務教育に組み込むことを画策中。


【日時】6月19日(月)19時30分スタート(19時 開場)21時30分ごろ終了予定

【定員】40名

ー参加費ー
[前売券]2500円 [1ドリンク付)]
※現金の決済を熱望される方は、当日受付けにて参加費を徴収いたします。
上記[現金の件]につきましては、メールでお申込みください。
※当日のキャンセルは受付けられませんので、予めご了承ください。

[当日券]3000円 [1ドリンク付)]

メールで前売券申込の場合は、info@univ2289.com までお申し込み下さい。

【メールでの前売券申込の場合は、6/19 釣り人たちの夜 参加希望と記して、お名前とご連絡先、年代を明記ください。】

Mon Jun 19, 2017
7:30 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
EDITORY神保町
Tickets
前売券(1ドリンク付) SOLD OUT ¥2,500
Venue Address
東京都千代田区神田神保町2-12-3 Japan
Organizer
ツブヤ大学
792 Followers