Event is FINISHED

譽田亜紀子×スソアキコ 「土偶の魅力、縄文のパワー」 『土偶のリアル――発見・発掘から蒐集・国宝誕生まで』刊行記念

Description

 たいていは、歴史の授業のはじめに縄文時代を習います。そしてこれまた、たいていは「あっ」という間に縄文時代の話は終わり、次の時代に移っていきます。
しかし授業で取り上げられる回数は少なくても、縄文時代はすごく長い。そしておもしろいのです。

今回、縄文時代の魅力、そして縄文人の心を色濃く反映しているとされる土偶のふしぎを、徹底的に語り合う二時間をご用意しました。

長い縄文時代(*)にはたくさんの土偶が作られました。見つかっているものだけでも、実に2万体を数えます。
 この土偶、顔があるもの/ないもの、板状のもの/立体のもの、模様があるもの/ないもの、割れて見つかったもの/作られた当時と同じような姿で見つかっているもの、となかなか複雑です。

 でも細かなことはさておき、土偶の魅力、縄文のパワーを多くの人に伝えたい! 土偶女子こと譽田亜紀子さんと、帽子作家としてもイラストレーターとしても活躍するスソアキコさんが、日本最古のフィギュアに独自の視点で迫ります。

発見譚から、造形の秘密、デザインに見られる縄文人のセンスと技まで、たのしい話が満載です。

当日は、オリジナルの雑貨(土偶グッズもあります!)も販売されます。ぜひおたのしみに。


(*)諸説ありますが、縄文時代が1万5千年続いたとすると、時間のスケールはこんな感じになります。縄文の始まりを夜中の0時として、現在が23時59分だと仮定すると、弥生時代の始まりはだいたい20時頃。応仁の乱も、真田丸も高度成長期もすべて20時から24時までの出来事。縄文時代がいかに長かったか、わかります。


【出演者プロフィール】
譽田亜紀子(こんだ・あきこ)
奈良県橿原市の観音寺本馬土偶との出会いをきっかけに、各地の遺跡、博物館を訪ね、土偶の研究を続けている。テレビやラジオに出演するかたわら、トークイベントなどで、縄文時代や土偶の魅力を伝える活動を行う。主な著書に、『はじめての土偶』(世界文化社)、『ときめく縄文図鑑』(山と渓谷社)、『知られざる縄文ライフ』(誠文堂新光社)など。

スソアキコ
ギャラリーでの帽子作品の発表と並行して、イラストレーターとしても活躍。またほぼ日刊イトイ新聞の「著書に『スソアキコのひとり古墳部』(イースト・プレス)がある。

【出演】

譽田亜紀子(フリーランスライター&エディター)
スソアキコ(イラストレーター)


【日時】
2017年5月8日(月)
20:00~22:00 (19:30開場)

【場所】
本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】
1500yen+500yen/1drink
Mon May 8, 2017
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
1500 ticket + 500 drink SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
17,167 Followers