Event is FINISHED

石山さやか×長嶋有×衿沢世衣子 「人を通して場所を描くこと/場所を通して人を描くこと」 『サザンウィンドウ・サザンドア』(祥伝社)重版記念

Description

イラストレーター・石山さやかさんによる初の漫画単行本

『サザンウィンドウ・サザンドア』が、祥伝社より好評発売中です。


ある団地を舞台に、さまざまなバックグラウンドを持った「ふつうの人」たちに

1話ずつスポットを当てたオムニバス形式で繰り広げられる本作。

それぞれの物語から覗く生活の断片と、ちょっとずつ交錯する人間模様の綾が、

漫画ファンのみならず、いわゆる「団地好き」の人々も魅了しています。


今回B&Bでは、本作の重版を記念して、

同じく集合住宅が舞台の『三の隣は五号室』(中央公論新社)を

昨年刊行した作家・長嶋有さんと、

最新作『うちのクラスの女子がヤバい』が話題の漫画家・衿沢世衣子さんをゲストに、

本作のグッとくるポイントのみならず、

人間を通して場所を描くこと/場所を通して人間を描くことについて語り明かします。

どうぞお楽しみに!



【出演者プロフィール】

石山さやか(いしやま・さやか)

イラストレーター、漫画家。1981年埼玉県生まれ、東京都在住。都内の広告代理店で勤務後、2011年よりイラストの仕事をはじめ、2013年から漫画を描きはじめる。これまでの主な仕事は雑誌挿絵、書籍装丁、CDジャケットなど。祥伝社のWEBコミックサイト「FEELFREE」にて連載していた漫画『サザンウィンドウ・サザンドア』を2017年1月に単行本として発売。

http://shiya.jp/


長嶋有(ながしま・ゆう)

1972年生まれ。「サイドカーに犬」で文學界新人賞を受賞し、デビュー。2作目の「猛スピードで母は」で芥川賞、『夕子ちゃんの近道』で大江健三郎賞、2016年にはデビュー15周年記念作品『三の隣は五号室』を刊行、谷崎賞を受賞した。『タンノイのエジンバラ』、『問いのない答え』、『愛のようだ』、『フキンシンちゃん』、『観なかった映画』など名作多数。


衿沢世衣子(えりさわ・せいこ)

漫画家。東京生まれ。著書に『うちのクラスの女子がヤバい』(講談社)『シンプルノットローファー』(太田出版)『ちづかマップ』(小学館)など。

Fri May 5, 2017
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500+500yen 1drink) SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
19,003 Followers