Event is FINISHED

山本達也×宮台真司 「世界、日本、地方都市~予測不能時代の歩き方~」 『暮らしと世界のリデザイン』(花伝社)刊行記念

Description

予測不能の時代を生きる私たち。

戦後的価値観の崩壊からグローバル化という局面を経て、ポピュリズムの台頭、環境問題の深刻化、テロと紛争の勃発……と、世界は目まぐるしく動いています。

日々の暮らしに目を向けても、ICTの浸透、働き方の多様化、地方都市の衰退……と、これまでの常識が通用しない社会が到来しています。

この不透明な時代を私たちはどう生きていけばいいのか。

成長の限界の先にどんな未来を描けばいいのか。

渾身の新刊『暮らしと世界のリデザイン』で気鋭の国際政治学者が広げた大風呂敷に、日本を代表する社会学者が乗っかって、縦横無尽に世界を、社会を、そして等身大の暮らしを語り尽くします。

山本達也(やまもと・たつや)

1975年、東京生まれ。清泉女子大学地球市民学科准教授。一般社団法人Edition4 Studies代表理事。NPO法人もったいない学会理事。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科後期博士課程修了。博士(政策・メディア)。シリア国立アレッポ大学学術交流日本センター主幹・客員研究員などを経て現職。専攻は、国際関係論、公共政策論、情報社会論。著書に『革命と騒乱のエジプト』『アラブ諸国の情報統制』(慶應義塾大学出版会)、『日本の政策課題』(共著)『政治の見方』(共編著、八千代出版)、『多様化する社会と多元化する知』(共編著、ナカニシヤ出版)、『ネットの高い壁』(共著、NTT出版)など多数。

宮台真司(みやだい・しんじ)

1959年、宮城県生まれ。社会学者、評論家。首都大学東京教授。公共政策プラットフォーム研究評議員。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了(社会学博士)。著書に『日本の難点』(幻冬舎)、『14歳からの社会学』(世界文化社)、『中学生からの愛の授業』(コアマガジン)、『〈世界〉はそもそもデタラメである』(メディアファクトリー)、『制服少女たちの選択』(朝日文庫)、『終わりなき日常を生きろ』(ちくま文庫)など多数。

【出演】

山本達也(国際政治学者)

宮台真司(社会学者、評論家)


【日時】
2017年5月25日(木)
20:00~22:00 (19:30開場)

【場所】
本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】
1500yen+500yen/1drink


Thu May 25, 2017
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
1500 ticket + 500 drink SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
19,121 Followers