Event is FINISHED

Google のマーケティング活動とアートとの関係ーConnecting Users to the Magic

イノベーションを起こし続けるGoogleの秘密、教えます。
Description
どんな業界においても、受け手がいる以上、最も重要とされるのが
「マーケティング」です。

もっと多くの人に届けたい、もっとみんなをワクワクさせたい、
世の中に楽しいことを増やしたい……それらを実現するためには
やはり“戦略”が必要なのです。

もはや「ググる」という言葉が日常会話で飛び交うほど、
身近なサービスとなったGoogle検索をはじめ、
Googleマップ、Street View (地図情報サービス)、YouTube、
GoogleChrome(ブラウザ)、NEXUS (携帯端末)など、
様々なイノベーションによって多くのユーザーから信頼を得ている「Google」。

Google Earthを使って室内でスカイダイビングをしたり

画像検索の結果をプロジェクターで投影してファッションショーをしたり、

キーワードだけを頼りに日本中を旅しちゃったり、

これらのCMに象徴されるように、「Google」のイノベーションは
常に「楽しいことがここから起こるゾ!」という気持ちにさせてくれます。

では、なぜ「Google」はここまで多くの人々に支持されるのでしょうか?
なぜ「Google」がつくるものに、私達はこんなにもワクワクしてしまうのでしょうか?

その秘密は、Googleの企業文化とマーケティング活動にあります。
今回のレクチャーでは、そんな“Googleの秘密”を、多彩な事例とともに紐解きます。

そして、10万人以上の小中高校生が参加するGoogleのロゴコンテスト
世界中の美術館に所蔵されている芸術作品をオンラインで鑑賞できる
Google アートプロジェクト」など、インターネットとアートの関係や、
インターネットがアートのためにできることについても触れていきます。

ものづくりに携わる方、問題を突破する新しい切り口を探している方、

マーケティングやプロジェクトに興味を持つ方などなど、
多くのヒントとアイデアが詰まったレクチャーにご期待ください!


【講師紹介】

馬場康次(Google シニアマーケティングマネージャー)

早大卒業後、日本 HP、イオン、マイクロソフトを経て、2007年より現職。 YouTube の立ち上げから「マイマップ EXPO 」「未来を選ぼう。」「 Doodle 4 Google 」「未来へのキオク」などのSocial Project 、「さがそう」「 Google でもっと。」などのブランドキャンペーンを手がける。

【講師からのメッセージ】

Googleの検索はじめ、Googleのサービスは毎日の生活の中で利用されていると思います。 一方で、Googleのサービス、プロダクト以外はあまり知られていないのでしょうか。 ユニークなマーケティング活動、それを支える企業文化、アートとの意外な関連など、Googleの素顔をすこし紹介したいと思います。


*3331 Arts Chiyodaのレクチャープログラム「ARTS FIELD TOKYO」では

 様々なレクチャーを行っています。最新のレクチャー開催情報は

 コチラをご覧ください。

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2014-01-15 14:06:33
More updates
Thu Jan 30, 2014
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
3331 Arts Chiyoda
Tickets
一般 ¥2,000
学生 ¥1,000
Venue Address
東京都千代田区外神田6-11-14 Japan
Organizer
3331 Arts Chiyoda
966 Followers