Event is FINISHED

今夜は「やらないこと」の話をしよう

Description

新しい年度がはじまりました。


「今年こそ英語を…」「6時に起きて、12時に寝る生活を...」など、新たに取り組む計画を立てた人も多いのでは。一方で「やるべきこと」「やりたいこと」の山に、ちょっと疲れてしまう時期でもありますよね。そんなとき、編集やデザインの分野でおこなわれている「メッセージが伝わるためにムダをそぎ落とし、余計なモノを捨てる」スキルが役立つかもしれません。


今回登壇するのは、数々の研ぎ澄まされたキャッチコピーを作ってきた石井毅さん、エディター&ライターの柴崎さん、デザイナーであり『なるほどデザイン』の著者である筒井美希さんの3人です。


プロフェッショナルの現場で実践されている「捨てる」技術、「やらないこと」のルールについて聞いてみましょう。また、参加者のみなさんからも仕事や生活での「やらないこと」「捨てる(た)こと」をお聞きしたいと思います。


「やらないこと」から年度の計画を立てて、新しいステップを踏み出していきましょう!


■開場:19時 開演:19時半

■ こんな人と話してみたい

・この時期はいつも、きっちり年度の計画を立てている

・でも6月ぐらいにはおざなりになりがち

・SNSで記事をシェアすることが多い

・ぶっちゃけ、記事を読む前にシェアしていることもある

・新しいことにチャレンジするのにも正直つかれた

・ビジネス界隈での流行変化についていけない

・ヨコモジ言葉を多用する

・資格をたくさん持っている

・習いごとに通い始めた



■登壇者プロフィール

石野博一(いしの・ひろかず)

株式会社コンセント所属、プロジェクトマネージャー。書籍、企業広報誌、Webサイトなど、コンセントのコミュニケーション事業領域のほとんどを歴任。やること/やらないことの線引きをする職種な上、頻繁に連絡先のリストラも行う筋金入りの「捨てる」派。


柴崎卓郎(しばさき・たくお)

格闘技専門誌、男性カルチャー誌編集部を経て、2008年に独立。以降「人、場所、モノに込められた物語性に、丁寧に耳を澄ますこと」をモットーに、雑誌、書籍、WEB媒体、企業・学校広告物などを中心に、編集、執筆、コンテンツ制作などのクリエイティブを行っている。


石井毅(昼はコピーライター)(いしい・つよし)

広告制作会社での約5年にわたる修行を経て、2013年に独立。「占いのできない占い師」みたいなポジションで仕事をしている。2016年に法人化。人を雇うなどありえないという気もちにも変化が。最近では、コピーライター以外のさまざまなプロジェクトも進行中。


筒井美希(つつい・みき)

武蔵野美術大学デザイン情報学科卒業後、2006年(株)アレフ・ゼロ(現・コンセント)入社。雑誌・書籍・広報誌・学校案内などのアートディレクション/デザインを行う。現在はエディトリアルデザインにとどまらず、グラフィックデザイン、ウェブデザイン、コンテンツデザイン、映像制作など、媒体を問わず幅広いジャンルを手がけている。著書に企画編集・デザインを行った『なるほどデザイン 目で見て楽しむデザインの新しい本。』(MdN)がある。講演・ワークショップの実績多数。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2017-04-10 02:08:51
More updates
Mon Apr 24, 2017
7:30 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
amu
Tickets
参加 SOLD OUT ¥1,000
Venue Address
東京都渋谷区恵比寿西1-17-2 Japan
Organizer
amu
1,331 Followers