Event is FINISHED

北川貴英× 松原隆一郎× 中井祐樹「怒りと身体、武術と格闘技をつなぐもの」

Description

巷には、〈怒り〉を否定する本が溢れています。

しかし、いくら本を読んで理性で納得しても、

人は突然わいてくる怒りを抑えることはできません。

『人はなぜ突然怒りだすのか?』の著者・北川貴英さんは、

ロシア軍特殊部隊が開発した〈システマ〉の方法論に基づき、

怒りや恐怖といった感情に身体からアプローチします。

今回はゲストに、東大教授・松原隆一郎氏と、

日本ブラジリアン柔術連盟会長・中井祐樹氏のお二人を招きます。

『人はなぜ突然怒りだすのか?』の内容を踏まえながら、

訓練法であり武術でもある〈システマ〉について、それぞれの観点から問うていきます。

システマ、柔道、高専柔道、総合格闘技、修斗、ブラジリアン柔術、空道……、

あるいは日本とロシア、ブラジル、アメリカ……、

それぞれの身体論と格闘技・武道観が交差する「異種格闘技戦」です。


北川貴英(きたがわ・たかひで)

1975年東京生まれ。システマ東京代表。2008年モスクワにてシステマ創始者ミカエル・リャブコより日本人では2人目となる公認インストラクターに認定される。現在はカルチャーセンターで年間400コマ以上のクラスを担当するほか、防衛大学や公立小学校など公的機関での指導も行う。著書に『ストレス、パニックを消す! 最強の呼吸法 システマ・ブリージング』『人はなぜ突然怒りだすのか?』など。

松原隆一郎(まつばら・りゅういちろう)

1956年神戸市生まれ。東京大学工学部卒業。同大学大学院経済学研究科博士課程修了。現在、東京大学大学院総合文化研究科教授。専攻は社会経済学・相関社会科学。東京大学柔道部部長、国際空道連盟常任理事、大道塾総本部ビジネスマンクラス師範を務める。著書に『消費資本主義のゆくえ』『失われた景観』『経済学の名著30』『ケインズとハイエク』『武道は教育でありうるか』など。

中井祐樹(なかい・ゆうき)

1970年北海道生まれ。高校時代にレスリング、北海道大学では高専柔道の流れを汲む七帝柔道を学ぶ。同大中退後、上京してシューティング(修斗)に入門。修斗ウェルター級王者となる。95VTJでは、ヒクソン・グレイシーに挑んだ。右目失明により修斗を引退後、ブラジリアン柔術に転向。日本におけるブラジリアン柔術の先駆者となった。 日本ブラジリアン柔術連盟会長、パラエストラ東京代表。

【出演】
北川貴英 (システマ東京代表)
松原隆一郎(東京大学大学院総合文化研究科教授
中井祐樹(日本ブラジリアン柔術連盟会長)

【日時】
2014年1月31日(金)

20:00~22:00 (19:30開場)

【場所】
本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F
http://bookandbeer.com/

【入場料】
1500yen + 1 drink order

Event Timeline
Updates
  • タイトル は 北川貴英× 松原隆一郎× 中井祐樹「怒りと身体、武術と格闘技をつなぐもの」 に変更されました。 Diff 2014-01-30 17:54:18
More updates
Fri Jan 31, 2014
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500yen+500yen/1drink) ¥2,000
当日現金支払(1500yen+500yen/1drink)
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,544 Followers

EVENT SUPPORTER

  • cakesはクリエイターのみなさんと本と書店とB&Bを応援しています。