Event is FINISHED

パフォーマンス 首くくり栲象×向島ゆり子「奇蹟の園」

Description
佐藤直樹個展「秘境の東京、そこで生えている」イベント情報

パフォーマンス 首くくり栲象×向島ゆり子「奇蹟の園」
日程:2017年6月6日(火)
開場:19:30
時間:20:00-21:00
会場:メインギャラリー
入場料:前売り2,500円 当日3,000円
定員:50名

60年代から活動を続けるアクショニスト首くくり栲象さんが佐藤さんの作品世界を借景し、そこに奇蹟の園を幻想する?

わたしが日々、行為をおこなっている庭劇場の庭は、十坪ほどでしょうか。その庭には椿の大木、カイドウ、ねむの木 、紫陽花、無花果、枇杷の木、白万両、ドクダミなどの草木が季節、季節に花を咲かせ、葉が繁っています。そしてそれら植物の葉の先端に、わたしは身をひたし、身を隠すことを念頭に動いておりますが。すると葉先で呼吸していた葉っぱの息づかいが、わたしの体にも、そのリズムが訪れてくるのです。これは幻想でしょう。しかしこの幻想で、静かに音もなく庭は活気づくのです。わたしはその活気の正体を酸素だと。鼻穴でちょっとずつ吸引し、庭のあちらこちらをみしみしと、じわりじわりと歩いてゆくのです。(首くくり栲象)

演出:生西康典/照明:小駒豪/協力:轟岳(ドゥイ)

※展覧会は休場日となります。

プロフィール



首くくり栲象(くびくくり たくぞう)
デパートや肉や魚や八百やで買い物をしたからといって、こと食べることに関して我々は地球人でしょう。二年まえ二週間入院し、退院の昼下がり家路へ向かうやや下り坂、不用意に踏み出した一歩、横切ろうとしたイモリを踏み潰した。途端。烏が雄叫びを挙げ、私の頭上スレスレを羽ばたき飛び去った。人間が喰うか喰われるかの戦いを野獣と殺っていた頃。意識しようがすまいが我々は真芯で地球人であった。首くくり栲象。A.D.1947年生まれ。
http://ranrantsushin.com/kubikukuri/index-1.htm



向島ゆり子(むこうじま ゆりこ)
ヴァイオリン・ビオラ・アコーディオン・作編曲・・・たまに歌。ジャンルを問わない様々なセッションや、スタジオワーク、舞踏や芝居や映像の音楽、数多くの歌手のサポート、プロデュースも手がける。トリスタン・ホンジンガーらとの「JUST OFF」、女ばかりのビッグバンド「パンチの効いたオウケストラ」等のメンバー。
http://mukoujimayuriko.wixsite.com/info


展覧会情報

佐藤直樹個展「秘境の東京、そこで生えている」

アートディレクター・デザイナーとしての活動を長く続けてきた佐藤直樹は、2013年頃から木炭で身近な植物を描く「そこで生えている。」シリーズに取り組み始めました。本展は、86メートルに達したパノラマ作品や、30メートルを超える新作など、合わせて150メートルの壁を埋め尽くしてなおも進化し続ける作品群を、佐藤直樹初の大型個展としてアーツ千代田3331メインギャラリーで開催するものです。

「なぜに今になってこのような形で描き始め、とまらなくなってしまっているのか?」佐藤が自身に問いかけ続けるこの言葉に象徴されるように、この展覧会はデザインから絵画へとその表現衝動を変化させた佐藤の個展でありながら、あらゆる人が持っているはずである創造の原初的な衝動と喜びについて今一度考える機会の創出を目指しています。日本の絵画史の文脈に新たな視座を切り開く一つの事件となりえる可能性に満ちた展覧会です。

日程:2017年4月30日(日)~6月11日(日)
休場日:火曜日
時間:12:00-19:00 ※イベント開催時は閉場時間が変わります
会場:アーツ千代田 3331 メインギャラリー
入場料:一般 800円/シニア・学生 700円/高校生以下・障害者 無料
主催:そこで生えているプロジェクト実行委員会

展覧会特設サイト
http://ithasgrown.com/

3331 Arts Chiyoda
http://www.3331.jp/
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2017-04-11 05:26:27
More updates
Tue Jun 6, 2017
8:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
パフォーマンス 首くくり栲象×向島ゆり子「奇蹟の園」 SOLD OUT ¥2,500
Venue Address
〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14 3331 Arts Chiyoda Japan
Organizer
佐藤直樹個展「秘境の東京、そこで生えている」
312 Followers