Event is FINISHED

ライブ 大友良英「2台のギターによるワンマン・アンサンブルズ」

Description
佐藤直樹個展「秘境の東京、そこで生えている」イベント情報

ライブ 大友良英「2台のギターによるワンマン・アンサンブルズ」
日程:2017年5月30日(火)
開場:19:00
時間:19:30-21:00
会場:メインギャラリー
入場料:前売り2,500円 当日3,000円
定員:45名

※展覧会は休場日となります。

プロフィール


大友良英
音楽家 1959年横浜生まれ。実験的な音楽からジャズやポップスの領域までその作風は多種多様、その活動は海外でも大きな注目を集める。また映画やテレビの劇伴作家としても数多くのキャリアを有する。近年は「アンサンブルズ」の名のもと様々な人たちとのコラボレーションを軸に展示作品や特殊形態のコンサートを手がけると同時に、一般参加型のプロジェクトにも力をいれている。震災後は十代を過ごした福島でプロジェクトを立ち上げ、2012年プロジェクトFUKUSHIMA ! の活動で芸術選奨文部科学大臣賞芸術振興部門を受賞。2013年には「あまちゃん」の音楽でレコード大賞作曲賞他数多くの賞を受賞している。2014年国際交流基金とともにアンサンブルズ・アジアを立ち上げ音楽を通じたアジアのネットワーク作りにも奔走中。札幌国際芸術祭2017の芸術監督も務める。著書に『音楽と美術のあいだ』(フィルムアート社)『学校で教えてくれない音楽』(岩波新書)『MUSICS』(岩波書店)、『シャッター商店街と線量計』(青土社)等がある。
http://otomoyoshihide.com


展覧会情報

佐藤直樹個展「秘境の東京、そこで生えている」

アートディレクター・デザイナーとしての活動を長く続けてきた佐藤直樹は、2013年頃から木炭で身近な植物を描く「そこで生えている。」シリーズに取り組み始めました。本展は、86メートルに達したパノラマ作品や、30メートルを超える新作など、合わせて150メートルの壁を埋め尽くしてなおも進化し続ける作品群を、佐藤直樹初の大型個展としてアーツ千代田3331メインギャラリーで開催するものです。

「なぜに今になってこのような形で描き始め、とまらなくなってしまっているのか?」佐藤が自身に問いかけ続けるこの言葉に象徴されるように、この展覧会はデザインから絵画へとその表現衝動を変化させた佐藤の個展でありながら、あらゆる人が持っているはずである創造の原初的な衝動と喜びについて今一度考える機会の創出を目指しています。日本の絵画史の文脈に新たな視座を切り開く一つの事件となりえる可能性に満ちた展覧会です。

日程:2017年4月30日(日)~6月11日(日)
休場日:火曜日
時間:12:00-19:00 ※イベント開催時は閉場時間が変わります
会場:アーツ千代田 3331 メインギャラリー
入場料:一般 800円/シニア・学生 700円/高校生以下・障害者 無料
主催:そこで生えているプロジェクト実行委員会

展覧会特設サイト
http://ithasgrown.com/

3331 Arts Chiyoda
http://www.3331.jp/
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2017-04-11 05:30:58
More updates
Tue May 30, 2017
7:30 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
ライブ 大友良英「2台のギターによるワンマン・アンサンブルズ」 SOLD OUT ¥2,500
Venue Address
〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14 3331 Arts Chiyoda Japan
Organizer
佐藤直樹個展「秘境の東京、そこで生えている」
313 Followers