Event is FINISHED

国際平和映像祭(UFPFF)2017キックオフイベント@横浜美術館 2017.5.24

Description
<事前チケット購入受付終了。当日参加可。受付でお支払ください>

国際平和映像祭(UFPFF)2017は、国連機関が主催する映像祭「PLURAL+」とのパートナーシップが決定!当日はPLURAL+の去年受賞作を特別上映します!※PLURAL+のエントリー締め切りは6/4までとなります。

毎年国連が定めた国際平和デー、ピースデー9月21日に合わせて横浜で開催している国際平和映像祭(UFPFF)2017の開催が今年は9月18日(月・祝)に決定しました。4月21日から7月21日のエントリー期間に、ぜひ5分以内の平和を想起させる作品をエントリーください。

5月24日(水)に横浜美術館にて国際平和映像祭(UFPFF)2017のキックオフイベントを開催致します。当日は国際平和映像祭(UFPFF)2016の受賞作の上映と一部作品の監督トーク。そして審査員からは井上 高志さん(一般財団法人Next Wisdom Foundation 代表理事)や、龍村ゆかりさん(地球交響曲ガイアシンフォニー プロデューサー)、丹下紘希さん(映像監督/アートディレクター/人間)が登壇。顧問からは、谷崎テトラさん(放送作家、音楽プロデューサー)、石川 淳哉さん(株式会社ドリームデザインプロデューサー/ファウンダー/CEO、公益社団法人助けあいジャパン共同代表理事)他が登壇予定です。

オープニングアクトとして、“いのちの繋がり”をテーマに世界各国・日本各地の民謡をアレンジし、各国の言葉で歌い奏でる音楽ユニット「ORINOVIVO」のリーダ・ヴォーカル、緒方美穂さんに歌っていただきます。多くの皆様のご来場をお待ちしております。

【開催概要】

日時:2017年5月24日(水)19:00-20:30 (18:45開場)
会場:横浜美術館レクチャーホール(アクセス
   横浜市西区みなとみらい3丁目4番1号
参加費:一般1,000円、学生無料(学生無料ですが一応お申込みください)
協力:NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ、ユナイテッドピープル

【プログラム内容】
1.オープニングアクト 緒方美穂さん
2.国際平和映像祭(UFPFF)2017のご紹介
3.国際平和映像祭(UFPFF)2016受賞作の上映
4.ゲスト・トーク・セッション

【ゲストプロフィール】

緒方美穂
長崎県佐世保市出身。
教育大学にて幼・小・中・高の教員免許を取得するも一転上京し、劇団SETで女優デビュー。
映画・テレビ・舞台などで活動後、現在はフリー。表現と教育の分野で独自の活動スタイルを持つ。また“いのちの繋がり”をテーマに世界各国・日本各地の民謡をアレンジし、各国の言葉で歌い奏でる音楽ユニット「ORINOVIVO」のリーダ・ヴォーカルであり、その音楽性や表現力には定評がある。

●井上 高志
株式会社LIFULL 代表取締役社長
一般財団法人Next Wisdom Foundation 代表理事
一般財団法人Endeavor Japan ボードメンバー
一般社団法人21世紀学び研究所 理
1968年11月23日生 神奈川県横浜市出身。
青山学院大学経済学部卒。

新卒入社したリクルートコスモス(現コスモスイニシア)勤務時代に「不動産業
界の仕組みを変えたい」との強い想いを抱き、1997年独立して株式会社ネクスト
を設立。インターネットを活用した不動産情報インフラの構築を目指し、不動産
・住宅情報サイト『HOME'S(ホームズ/現「LIFULL HOME'S」)』を立ち上げ、
総掲載物件数No.1のサイトに育て上げる。2011年からは、海外進出を開始し、
2014年には世界最大級のアグリゲーションサイトを運営するスペインのTrovit
Search, S.Lを子会社化。現在は、国内・海外併せて13社の子会社を擁し、世界
53ヶ国にサービス展開している。会社設立20周年となる2017年4月に社名を「株
式会社LIFULL(ライフル)」に変更。
座右の銘は、LIFULLの社是でもある「利他主義」。究極の目標は「世界平和」で、事業活動を通じて、「不安」「不満」「不便」といった社会に存在する「不」の解決を目指す。LIFULLの事業活動の他、個人でもベナン共和国の産業支援プロジェクトを展開し、一般財団法人Next Wisdom Foundation 代表理事、一般財団法人Endeavor Japan ボードメンバー、一般社団法人21世紀学び研究所 理事等を務める。
プロフィール詳細:http://www.ufpff.com/judge

●谷崎テトラ
ソーシャルプランナー/作家、構成作家、小説家/音楽プロデユーサー/環境&メディアコンサルタント/有限会社谷崎テトラオフィス代表取締役社長/愛知県立芸術大学非常勤講師/一般社団法人ワールドシフトネットワーク代表理事/地球サミット2012Japan副代表/クラウド・ガバメント・ラボ研究員/オルタナ編集委員/greenz.jpコントリビューター/ソトコト ライター/DPlab研究員
1964年静岡生まれ。多数の TV、ラジオ番組、出版を企画・構成するかたわら、 環境、社会貢献、ソーシャルメディアのハブとして活動。新しい価値観(パラダイムシフト)や、持続可能な社会への転換(ワールドシフト)の発信者&コーディネーターとして活動中。また小説、アート、音楽などの表現活動にも積極的で、 小説「グラウンディングミュージック」は、サイケデリックノベルとして話題に。世界の聖地を巡りフィールドレコーディングした音楽作品や、ピアノ曲など多数リリースしている。

丹下 紘希
映像監督/アートディレクター/人間
舞踏家大野一雄に師事。 数百本のミュージックビデオを監督、作品集TANGE KOUKI MUSIC VIDEO COLLECTIONを発表。ジャケットデザイン、本の装丁-、障がい者の就労支援啓発やアートイベントのプロデュースなどを手掛けてきた。 3、11原発事故を経て反原発を宣言し、経営していた会社を一時休止。 NOddINという芸術運動を仲間と立ち上げ、現代の社会問題と取り組む。

龍村ゆかり
地球交響曲ガイアシンフォニー プロデューサー
86年に起きたスペースシャトル「チャレンジャー」の爆発事故に衝撃を受け、映像を通じて未来に希望や夢を伝えることを志し、映像制作の道へ。テレビ番組のディレクターとして数々のドキュメンタリーや情報番組を手がける。映画『地球交響曲』プロデュース。

石川淳哉
ソーシャル・バリュー・プロデューサー|1962年大分県生まれ。世界のさまざまな社会課題を解決するために、クリエイティブの可能性を追求する人生と決断。 主な仕事に、書籍『世界がもし100人の村だったら』、イベント「2002 FIFA WORLDCUP PUBLICVIEWING IN TOKYO」、ピースアートプロジェクト「retired weapons」、アルバム「日本の恋と、ユーミンと。」のプロデュースなどがある。 カンヌ国際広告賞金賞、NYADCなど受賞歴少々。自宅に太陽光発電を導入、EV車にシフト。シェア農園で完全無農薬野菜生産中。2015年、出身地大分県別府市で、箱根で温泉力発電を開始。防災士。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2017-05-24 00:33:35
More updates
Wed May 24, 2017
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
横浜美術館・レクチャーホール
Tickets
一般 SOLD OUT ¥1,000
学生 FULL
Venue Address
横浜市西区みなとみらい3丁目4番1号 Japan
Directions
http://yokohama.art.museum/visit/access.html
Organizer
一般社団法人 国際平和映像祭
588 Followers