FASCIAL MANIPULATIONⓇ 1 day workshop Program in Tsukuba

Description

FASCIAL MANIPULATION 1 day workshop Program in Tsukuba
※募集ページでは終了時間16時となっておりますが終了時間は17時となります。

<内容>

イタリアの理学療法士, Luigi Stecco氏による徒手理学療法. 筋膜機能異常による疼痛を解消し,筋出力,柔軟性,運動パフォーマンス,ADL の改善を目的とする。
 筋力のベクトルが収束する協調中心(centre of coordination: CC)と幾つかの筋膜の単位の力が収束するより幅広い領域または点としての融合中心(centre of fusion:CF)を治療対象とする.筋膜機能異常(筋膜高密度化,基質のゲル化,ヒアルロン酸の凝集化)を筋膜配列,筋膜対角線,筋膜螺旋の視点から解きほぐす全身性の治療. 痛みの解消,筋出力の向上,パフォーマンス向上に非常に効果的な徒手理学療法.

1日で筋膜についての座学を学ぶセミナー。

<講師>

竹井 仁先生

<竹井先生の経歴>

首都大学東京 健康福祉学部 理学療法学科 教授。

医学博士 理学療法士 OMT

首都大学東京健康福祉学部理学療法学科などの教育機関で学生教育を実践するかたわら病院と整形外科クリニックにおいて臨床も実践。

各種講習会も全国で展開中。

専門は運動学・神経筋骨関節系理学療法・徒手療法。解剖学にて医学博士取得。

Kaltenborn-Evjenth InternationalのDiploma取得(OMT)。

<内容>

10:00-10:15

筋膜マニピュレーション技術の紹介

15

10:15-11:15

人体の筋膜システムの解剖学

筋膜システムの解剖学

組織学 - 階層化立体構造

筋膜/ 筋腱間の展開

1 時間

11:15-11:25

休憩

10

11:25-12:05

生理学

筋内膜と筋膜システムとの関係

40

12:05-12:15

質疑応答

10

12:15-13:15

昼食

1時間

13:15-14:15

生体力学的モデル

分節姿勢の管理,空間的な面

筋膜単位協調中心(CC認知中心

融合中心(CF,対角線,螺旋

1時間

14:15-15:15

評価から治療の過程

筋膜の可塑性と順応性

臨床根拠と評価チャート

データ,仮説,検証,治療

1時間

15:15-15:25

休憩

10

15:25-16:45

治療のデモンストレーション

1 時間20

16:45-17:00

質疑応答

15

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2017-04-06 04:15:17
More updates
Sun Oct 1, 2017
10:00 AM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加費 ¥8,000

Combini / ATM payment will be closed at the end of Sep 30, 2017.

Venue Address
つくば国際会議場 Japan
Organizer
TBM education
271 Followers