Event is FINISHED

瀬名秀明×大森望×東浩紀「SFと復興――小松左京から考える」@nzm @hazuma

前売/2500円(1drink付き)◆==ゲンロン友の会/学生証提示で2000円に!==◆
Description
  • 当日券は3000円 (1drink付き)です。ゲンロン友の会または学生証のご提示で2500円になります。
  • お席はチケットの申込順ではなく、当日ご来場頂いた順にご案内致します。

【概要】

『日本沈没』、『復活の日』などの骨太な作品群を残した、日本SFを代表する作家小松左京。

彼のキャリアは、戦後日本の復興の歴史と重っている。
小松は当代一の流行作家であると同時に、大阪万博や花博の主要なプロデューサーのひとりでもあり、
レギュラー番組を持つテレビ知識人でもあった。

3.11を経て、再び復興の過程にあるこの国で、SFが果たすべき役割とはなにか。
作家としての小松左京、プロデューサーとしての小松左京、知識人としての小松左京……。
いまでは忘れ去られたその多面性を再検討し、新たなる小松像を語り尽くす。

この3人だからこそできる、ディープでコアなトーク!

(日本SF界の闇について裏話が聞けるという噂も飛び交っております)


【登壇者プロフィール】


瀬名秀明
1968年静岡生まれ。作家。著書に『パラサイト・イヴ』(新潮文庫、日本ホラー小説大賞)、『BRAIN VALLEY』(新潮文庫、日本SF大賞)、『希望』など小説作品のほか、編著作『サイエンス・イマジネーション』(NTT出版)、ノンフィクション作品『ミトコンドリアのちから』(共著、新潮文庫)や『インフルエンザ21世紀』(文春新書)など多数。2006年から2009年まで東北大学機械系特任教授を務めた。

1月28日に新刊『新生』を刊行予定。
キャッチコピーは「日本SFの金字塔、小松左京『虚無回廊』に瀬名秀明が挑む!」。


大森望(@nzm

1961年高知生まれ。書評家・SF翻訳家・SFアンソロジスト。
著書に『21世紀SF1000』、『新編・SF翻訳講座』、《文学賞メッタ斬り!》シリーズ(豊崎由美と共著)、《読むのが怖い!》シリーズ(北上次郎と共著)など。アンソロジーに《NOVA 書き下ろし日本SFコレクション》、《不思議の扉》の各シリーズのほか、『星雲賞SF短編傑作選 てのひらの宇宙』など。訳書にコニー・ウィリス『ブラックアウト』『オール・クリア』など多数。



東浩紀(@hazuma

1971年生まれ。東京都出身。哲学者・作家。専門は現代思想、表象文化論、情報社会論。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。株式会社ゲンロン代表、同社発行『思想地図β』編集長。
著書に『存在論的、郵便的』(新潮社、第21回サントリー学芸賞)、『動物化するポストモダン』(講談社現代新書)、『クォンタム・ファミリーズ』(新潮社、第23回三島由紀夫賞)、
『一般意志2.0』(講談社)など多数。
2013年、編集長をつとめた『チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド』および『福島第一原発観光地化計画』を刊行。

昨年12月に、小松左京はじめ4人の作家を主題とした新著『セカイからもっと近くに――現実から切り離された文学の諸問題』を刊行。


【注意事項】
  • チケットキャンセルの場合の払い戻しは受け付けられません。予めご了承ください。
  • 本イベントはインターネットでの動画配信(ゲンロンカフェ完全中継チャンネル)を予定しており、ご来場のお客様の映像が映り込む可能性がございますので、ご了承のほどお願い致します。
  • 当日、ゲンロン友の会会員証または学生書提示で500円キャッシュバックいたします(併用不可、学生証は国立公立学校または学校法人が発行したもの)。
  • お席はチケットの申込順ではなく、当日会場にお越し頂いた順番でご案内致します。
  • チケット料金は税込価格です。
  • 開場は18:00です。
  • 講演、イベントの無断録画・録音はご遠慮ください。
Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2014-01-08 10:33:31
More updates
Sat Jan 11, 2014
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
ゲンロンカフェ
Tickets
前売分 1drink付 ※当日、友の会会員証/学生証提示で500円キャッシュバック ¥2,500
Venue Address
東京都品川区西五反田1-11-9 司ビル6F Japan
Organizer
ゲンロンカフェ
4,753 Followers