Event is FINISHED

大和田俊之×磯部涼×吉田雅史×渡辺志保「ラップは何に欲情しているのか」 『ラップは何を映しているのか——「日本語ラップ」から「トランプ後の世界」まで』刊行記念

Description
アメリカ事情に精通する大和田俊之、長年ラップの現場に身を置いてきた磯部涼、批評家とラッパー/ビートメイカーを往復する吉田雅史、三人のラップ論者が、日米のラップの変遷を語りつくすラップミュージック概論『ラップは何を映しているのか——「日本語ラップ」から「トランプ後の世界」まで』の刊行を記念し、トークイベントを開催します。
ゲストにはblock.fm「INSIDE OUT」のMCなどでも知られる音楽ライターの渡辺志保さん。ヒップホップ・カルチャーの歴史を縦軸に、「トランプ後の世界」と「日本語ラップ」の現状認識を横軸に、ラップの潮流を通して、私たちの現在を浮かび上がらせる本書に、ラップとセレブカルチャーとの関わりや、女性ラッパーの現状、ヒップホップ小ネタなどの視点もたっぷり加えていただきます。
ぜひ気軽にご来場ください。


【出演者プロフィール】
大和田俊之
専門はアメリカ文学、ポピュラー音楽研究。慶應義塾大学法学部教授。博士( 文学)。著書に『アメリカ音楽史.ミンストレル・ショウ、ブルースからヒップホップまで』( 講談社、第33 回サントリー学芸賞)、長谷川町蔵との共著『文化系のためのヒップホップ
入門』(アルテスパブリッシング)など。

磯部涼
音楽ライター。主に日本のマイナー音楽と社会の関わりについて執筆。日本のヒップホップ・カルチャー、及びラップ・ミュージックに関するテキストも多数あり、その一部は著作『ヒーローはいつだって君をがっかりさせる』( 太田出版)と『音楽が終わって、人生が始まる』(アスペクト)に収録されている。

吉田雅史
批評家/ビートメイカー/ラッパー。〈ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾〉初代総代。『ele-king』や『ユリイカ』誌などで音楽批評中心に活動。『ゲンロンβ』にヒップホップ論を連載中。ビートメイカー/ラッパーとしては8th wonderでの活動のほか、直近ではMA$A$HI名義でMeisoのアルバム『轆轤』をプロデュース。

渡辺志保
音楽ライター。おもにヒップホップやブラックミュージックなどに関わる文筆の執筆や歌詞対訳のほか、block.fm「INSIDE OUT」などでのラジオMC、司会業などにも携わる。これまでにインタヴューしたアーティストは、A$APロッキー、ニッキー・ミナージュ、ケンドリック・ラマー、ジェイデン・スミスら。

Wed Apr 19, 2017
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500+500yen 1drink) SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
23,485 Followers