Event is FINISHED

Presence/Absence ワークショップ

Description

In this workshop you will gain awareness of your urban surroundings by challenging your thoughts and preconceptions of the city and life in the city.

■このワークショップで得られること:

都市での暮らしについてのあなたの考え・先入観を掘り下げてみることで、あなたの住む環境についての認識を深めることができます。

 

Language wise you will use a variety of expressions to give opinions and discuss abstract ideas, as well as related vocabulary. You will also practise a wide range of tenses and grammar points.

語学的には、抽象的な話をする際のボキャブラリーを増やすことができ、意見を述べるときの多岐に渡る表現を学ぶことができます。

文法においては、さまざまな時制を練習することができます。

 

The workshop will be conducted by Gorka Diez-Sanxurxo, who holds a Bachellor's Degree in Fine Arts and Communication Design (University of the Basque Country and HTW University Berlin), a Master's Degree in Public Space and Urban Regeneration (University of Barcelona), a CELTA (Cambridge University), and is currently a doctoral candidate at the Bauhaus Universität-Weimar.

■講師:ゴルカ・ディエズ・サンシュルショ

バスク大学、ベルリンHTW大学にて美術およびコミュニケーションデザインの学士取得

バルセロナ大学にて公共空間、都市再生の修士号取得

CELTA(ケンブリッジ大学認定英語指導者資格)取得

バウハウス大学ヴァイマル博士号の候補生

 

Materials: Booklet, video, sound, photos.

■配布教材:ブックレット、動画、音響、写真

 

Required level: B - C

■対象レベル:B~C

※中級以上の英語力が推奨されます。

ご自身のレベルが分からない場合は、事前にレベル診断(無料)へお越しください。

 

Fee: 6,600円

■参加費:6,600円

 

Duration: 90 minutes to 2 hours

■時間:90分〜2時間

 

Limited to 10 participants.

■定員:10名

 

Contents:

■内容:


1. Presence, absence, and the void.


We will talk about presence and absence in art, sculpture and music.

Suggested language point: present simple, conditionals


1. 存在、不在、そして空虚


芸術、彫刻、そして音楽の中にある存在と不在について話し合います。

登場する文法:現在形、仮定法


2. Present collective memory in our streets: Absent geography, absent history, and political representations.

We will talk about the hints of absent events and nature in our streets, and how they make absence actively present.

Suggested language point: present simple, past simple, present perfect, past perfect, conditionals.


2. 現在、道に残っている記憶:見えない地理、隠された歴史と政治的象徴


過去に存在していた自然や出来事を示すもの、すでに過去のものとして不在化してしまったものを、人々がどう現在も存在させているのか、について話し合います。

登場する文法:現在形、過去形、現在完了形、過去完了形、仮定法




3. Space identity and the Age of the Internet.


We will talk about how place and personal perceptions of identity are changing in the new digital era.

Suggested language point: present simple, past simple, present perfect, present perfect continuous, future forms, conditionals


3. 空間のアイデンティティとインターネットの時代


新しいデジタル時代に、空間と自分自身の見方がどう変化しているかについて話し合います。

登場する文法:現在形、過去形、現座完了形、現在完了進行形、未来形、仮定法




4. Surveilled City and life online: Absence of privacy.


We will talk about how the presence of social control elements is making privacy absent.

Suggested language point: present simple, present continuous, modal verbs.


4. 監視された都市とオンライン生活:プライバシーの不在


社会的な操作の存在によってどれほどプライバシーが失われているかについて話し合います。

登場する文法:現在形、現在進行形、助動詞




5. Presence/Absence of fear.


We will talk about mechanisms of participation in the city, and why and how we decide whether we take part in group or personal dynamics that change our environment.

Suggested language point: present simple and continuous, passives, conditionals.


5. 恐怖の存在・不在


社会参加のメカニズム、そして、なぜ・どのように私たちは公共の場を変化させる行動を決めるのか、について話し合います。

登場する文法:現在形、受け身の現在進行形、受動態、仮定法

Wed Apr 12, 2017
3:00 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
triplo learning space, Shinjukugyoenmae
Tickets
Standard SOLD OUT ¥6,600
Venue Address
160-0022 東京都新宿区 新宿1丁目6-11 永井ビル 2F Japan
Organizer
triplo: arts, culture & learning
215 Followers