Event is FINISHED

持続可能な私たちの暮らしを感じ考えやってみるための半日コース B.どんどん型編【じわくら2017東京】

Description
持続可能な私たちの暮らしを感じ考えやってみるために学びたい方へ


▼より見やすいホームページからぜひご覧ください▼


安心安全で幸せな暮らしを脅かすニュースは絶えず、
いろんな情報も溢れ、毎日不安は膨らむ一方・・・

だけど、忙しい毎日なので、できるだけ見ないようにしている

本当は幸せな毎日のために考えたいし、何かしたい。
でも、いったい何からど〜すりゃ良いのか・・・


持続可能な私たちの暮らしを感じ考えやってみる
じわ〜っと、わくわく、ららら楽しく

じわくら2017始まりました!


《半日コースB》

暮らしを脅かす「どんどん型」の正体とは?
不安と希望は半分半分?! 等比級数的増加を体感するワーク



私たちの暮らしを脅かす影には、どんなものがありますか?

それらは、どこからどんなふうに、私たちの身に迫ってくるのでしょう?

向き合わざるを得ない相手をまず知ることから。踏み出す一歩の意味は大きいのです。


じわくら2016の中でも特に好評だった「どんどん型」を体感するワーク!

もっと気軽に、たくさんの方にお届けできるようにスピンオフしました。

この機会にぜひ、じわくらを体感してください。


======================
2017年6月24日(土)
10:00−13:30
東京都港区 浜松町エリア
最少催行人数12名 定員30名
======================


【参加費
半日コースBのみ ¥5,500(Peatix決済)
7/2開催の半日コースAとあわせて ¥10,500(Peatix決済
※Peatix決済をご選択の方は、チケット購入の手続きへお進みください。

※銀行振込をお選びいただけますと、それぞれ500円引きとなります。
銀行振込をご選択の方は、こちらのフォームよりお申し込みください。
→ https://goo.gl/forms/xy9IJTmRFWmCrNZN2



《半日コースA》

コースAのイベントページはこちらです▶︎http://ptix.co/2mDcPEF

私たちにとって幸せとは?暮らしの質とは?

乱暴な成長より「ていねいな発展」を考えた経済学者の話


経済学者マンフレッド・マックスニーフが自国チリの著しい経済成長と

目の前の人々の幸福やクオリティ・オブ・ライフのギャップから考えたことを共有します。


人類にとって永遠の問いである「幸せ」。

私たちは何がどれくらいあると満ち足りることができるのでしょう?

自分が幸せでいるために何が必要か知って過ごせる毎日。想像するとわくわくしませんか。


======================
2017年7月2日(日)
10:00−16:00頃
東京都港区 浜松町エリア
最少催行人数12名 定員30名
コースAのみのご参加を希望の方はこちらへ▶︎http://ptix.co/2mDcPEF
======================

【参考文献・リンク】
著 マックス・ニーフ/ 監訳 牧原ゆりえ
"ていねいな発展"のために私たちが今できること
http://max-neef.sustainabilitydialogue.vision/hsd.html


【主催・運営】
一般社団法人サステナビリティ・ダイアログ
チームじわくら
info@sustainabilitydialogue.com




Sat Jun 24, 2017
10:00 AM - 1:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京港区
Tickets
6/24(どんどん型)のみ Peatix決済 SOLD OUT ¥5,500
6/24(どんどん型)と7/2(ていねいな発展)あわせて Peatix決済 ※5/30までのお申し込み SOLD OUT ¥10,500
Venue Address
東京都港区 Japan
Directions
ご参加の方へご連絡いたします。
Organizer
一般社団法人サステナビリティ・ダイアログ事務局
325 Followers