Event is FINISHED

ターザン山本×斎藤文彦 「再び、活字プロレスとは何か?」 『昭和プロレス正史 下巻』(イースト・プレス刊)刊行記念

Description

活字プロレス誕生から60余年、いま初めて綴られるプロレスのほんとうの歴史「第二弾」では、馬場・猪木の日本プロレス独立から、NWA幻想の高まりと猪木対アリ“格闘技世界一決定戦”を経て、週プロ創刊・UWF誕生、そしてブロディの死で終焉した時代を取り上げました。
この『昭和プロレス正史 下巻』刊行を記念し、オフレコ話ばかりで場内騒然となった上巻刊行時に引き続き、著者・斎藤文彦さんと元週刊プロレス編集長・ターザン山本さんによるトークイベント「第二弾」を行います。
週プロ黄金期をつくりあげたプロレスマスコミの「生き証人」であるお二人は、「下巻」でも大きく頁を割かれているゴッチや前田、UWF、そしてブロディについてどのように考えていたのでしょうか。また当時の舞台裏とは、どのようなものだったのでしょうか。
貴重な歴史の証言を聞けるまたとない機会、ぜひライブで味わってください。

斎藤文彦(さいとう・ふみひこ)
1962年、東京都杉並区生まれ。プロレスライター、コラムニスト。オーガスバーグ大学教養学部卒業、早稲田大学大学院スポーツ科学学術院スポーツ科学研究科修了。筑波大学大学院人間総合科学研究科体育科学専攻博士課程満期退学。在米中の81年より『プロレス』誌の海外特派員をつとめ、83年『週刊プロレス』創刊時より同誌記者として活動。海外リポート、インタビュー記事、巻頭特集などを担当した。『みんなのプロレス』ほか著書多数。

本名・山本隆司。1946年、山口県岩国市生まれ。立命館大学中退後、1977年新大阪新聞社に入社。『週刊ファイト』記者となる。1980年、ベースボール・マガジン社に移籍。1987年より『週刊プロレス』編集長として、販売部数40万部(公称)を達成した。1996年、新日本プロレスの「取材拒否」をきっかけにベースボール・マガジン社を退社し、フリーライターとして活動を続ける。『「金権編集長」ザンゲ録』ほか著書多数。


【出演】

斎藤文彦(プロレスライター、コラムニスト )
ターザン山本(フリーライター)


【日時】
2017年4月8日(土)
19:00~21:00 (18:30開場)

【場所】
本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】
1500yen+500yen/1drink
Sat Apr 8, 2017
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
1500 ticket + 500 drink SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
23,449 Followers