Event is FINISHED

IMAGINE 『多様性』 2020 多様性を考えてICTができること ~2020年に向けて~

Description

未来へ向けた、富士通のユニバーサルデザインイベント第1弾

社会がますます多様化する中、「多様性」が持つ課題とは何でしょうか。2020年に向け様々な心身の特性や考え方をもつ人々が共生する社会、いわゆる「心のバリアフリー」を実現するにあたり、ICTはその課題を解決する事が出来るのか。障害学/LGBT/メディア/ICTなどをテーマに、業界オピニオンリーダーがディスカッションします。あなたも参加し、一緒に考えてみませんか。


■概要

日 時 :2017年3月31日(金) 18:30~21:30(開場18:00)

場 所 :TechShop Tokyo (アーク森ビル3階)

募集人数:50人

参加費 :500(ドリンク・スナックつき)


■プログラム

1 部:心とテクノロジーのバリアフリー

2 部:LGBTBusinessCommunity

3 部:ICTの可能性


■パネリスト

若林 恵(WAKABAYASHI Kei) 『WIRED』日本版 編集長

WIRED』日本版 編集長 1971年生まれ。ロンドン、ニューヨークで幼 少期を過ごす。早稲田大学第一文学部フラ ンス文学科卒業後、出版社平凡社に入社 。『月刊太陽』の編集部スタッフとして、日本 の伝統文化から料理、建築、デザイン、文学 などカルチャー全般にかかわる記事の編集に 携わる。2000年にフリー編集者として独立。 2011年より現職。


星加 良司(HOSHIKA Ryoji)東京大学教育学研究科 バリアフリー教育開発研究センター講師

障害者を無力化する社会的な諸関係・諸編成に関する研究を行っている。近年の主な研究テーマは、ディスアビリティの社会モデルに基づく社会理論、障害者のシティズンシップと社会的位置、障害平等施策としての合理的配慮、社会的包摂のためのバリアフリー教育など。


外山 雄太(TOYAMA Yuta)株式会社Letibee取締役/創業者

高校時代の失恋や両親、友人へのカミングアウトを原体験として、株式会社Letibeeを創業。「好きな人を当たり前に大切にできる」ことを目指して活動している。現在はLetibeeの取締役として、企業へのLGBT関連ダイバーシティ研修、その後のコンサルティングなど行っている。2016年に世界経済フォーラムによるユースコミュニティ「Global Shapers Community」に選出される。


平野 隆(HIRANO Takashi)富士通株式会社 総合デザインセンターシニアマネージャー

企業、地域のデザインコンサルティングとともに、20149月に森ビル株式会社との共創プラットフォーム「HAB-YU platform」を六本木に立ち上げ、企業間や都市と地域をつなぎ新しい価値をつくるイノベーションデザイン活動を展開。


■ゲスト

近藤 玄太 NPO法人MissionARMJapan カタリスト

森川 章 電動義手 handiii,HACKberryデモンストレーター

冨田 格 LGBTライター・編集者(元 月刊G-men編集長)

西原 さつき タレント 女性化レッスン「乙女塾」代表

■モデレーター

有坂 庄一(ARISAKA Shoichi)テックショップジャパン株式会社 代表取締役社長

201510月テックショップジャパン株式会社代表取締役社長に就任。日本におけるメイカームーブメントを拡大させ、多くの人が創造力をカタチにする社会を目指し、20164月に東京都港区でTechShop Tokyo』をオープン。「全てのアイディアは良いアイディアで、試す価値がある」。


■主催:富士通株式会社  
■後援:オリンピック・パラリンピック等経済界協議会、『WIRED』日本版Letibee Life
  TechShop Tokyo


■お問い合わせ先

富士通株式会社 グローバルマーケティング本部 総合デザインセンターhttps://peatix.com/contact?event_id=250067

(担当:内田、土屋)


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#235647 2017-03-27 04:28:00
Fri Mar 31, 2017
6:30 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
TechShop Tokyo
Tickets
参加チケット SOLD OUT ¥500
Venue Address
東京都港区赤坂1丁目12番32号アーク森ビル3階 Japan
Organizer
Techshop Tokyo
1,921 Followers