Event is FINISHED

空間での情報提供をする最新テクノロジーの現状と未来を考える(聴こえない音、音波×ビーコン、ロボット)



  

Description

第7回目の人を支えるテクノロジーの未来共創プログラムです。 

インバウンドの外国人や目の不自由な視覚障害者などの、テクノロジーを活用した情報提供の現状と未来を、講演者と共に考えよう!  

★公式サイト

http://www.harmony-i.org/news/2017/03/p114.html


今回で7回目となる、「人を支えるテクノロジーの未来共創プログラム」を3月29日に都内で開催します。今回は、「音透かし技術や音波」と組み合わせた「ビーコンやロボット」の活用で、インバウンド向けや目が不自由な視覚障害者などに対しての、情報提供をする新しい取り組み事例を、企業2社をお招きし具体的に伺います。また同時に、映像を認知できない全盲者当事者もお迎えし、現状の空間の認識方法や情報の収集方法も伺います。後半では、それらの話をもとに、未来におけるアクセシブルな情報提供について、参加者と共にワークショップ形式で考えていきます。当日は、音波ビーコンのデモや、その他実機によるデモも、実際に行います。                                                               (※音透かし技術とは?:日本語では「音響透かし」と訳され、音声信号に暗号化を施した文字情報などを埋め込む技術。)



【開催概要】

  • 開催日時:2017329日(水) セミナー&ワークショップ19002120
  • 会場:ナレッジソサエティ イベントルーム 東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5階
  • 参加費:3,500円(スナック、アルコール、ソフトドリンクのご用意があります。     (※キャンセルについてのご注意:参加費をご入金いただいた時点で、正式な申込とさせていただきます。もし当日已むおえない事情により、不参加でも全額キャンセル料が発生いたします。払い戻しはございませんので、ご了承ください。ただし、最低実施人数に達せずセミナーが中止になった際には、全額払い戻しの手続をさせていただきます。)
  • 内容
  • 前半 (講演)

    ・講演1:「最新の音透かし技術活用事例と今後について

    (講演者)瀧川淳氏 エヴィクサー株式会社代表取締役社長

    ・講演2:「 音波ビーコン技術の活用事例と今後について」

    (講演者)川瀬勉氏 株式会社リコー ビジネスソリューションズ事業本部 トランスフォーメーション2.0センター

    センシングソリューションプロジェクトチーム  サブリーダー

    ・講演3:「視覚障害者の空間での情報収集の現状と未来」

    (講演者)武者圭 サウンドスケープデザイナー(フリーランス)


    後半(ミニワークショップ)


    参加者と共に、本日聞いた技術を活用して視覚障害者の空間移動の際の情報提供の未来を考えてみましょう。(※5、6名のグループに別れます。)

最低実施人数20名にならない場合には、中止となることもございますのでご了承ください。



主催:NPO法人ハーモニー・アイ

協賛:エヴィクサー株式会社
協力:ビジネスイノベーションハブ株式会社









Wed Mar 29, 2017
7:00 PM - 9:20 PM JST
Add to Calendar
Venue
ナレッジソサエティ(イベントルーム)
Tickets
一般参加費 SOLD OUT ¥3,500
Venue Address
東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5階 ナレッジソサエティ  Japan
Organizer
人を支えるテクノロジーの未来共創プログラム
136 Followers