Event is FINISHED

お店や企業の魅力を伝えるVRコンテンツの作り方 VR映像作家・渡邊課 ――ハコスコ公式ワークショップ@amu

Description
急速に普及しつつあるVR(ヴァーチャルリアリティ)のコンテンツは、専用の機材も安価になってきたこともあり、誰でも手軽にコンテンツを作ることができます。ただし、それにはコツが必要です。本ワークショップでは、VR映像作家の渡邊課がコツを伝授し、みなさんと一緒に映像を撮影し、ハコスコアプリで体験するVRコンテンツを作ります。実際に自分自身で手を動かすことで、作り方だけでなくよいVR体験をつくる観点を身につけることができます。

----------------------------------------

OVERVIEW

日時:3月11日(土)13:00-15:30(開場 12:30)

講師:渡邊徹(全天球映像作家 「渡邊課」 課長)

参加費:5,000円(税込、ハコスコ プレミアムアカウント3ヵ月分付き https://hacosco.com/pack/

※当日はPCと360度撮影のできるカメラ(theta、Gear360、insta360など。静止画が撮れるものでも可)をご持参ください。また、事前にハコスコでのアカウント登録が必要になります。https://store.hacosco.com/users/sign_up

定員:7組(1組3名まで)

----------------------------------------

ハコスコアプリでは、手軽に VR(バーチャルリアリティ)ツアーコンテンツをつくることができるので、コンテンツ間を自由に行き来できる回遊性の高い体験パッケージをつくることが出来ます。ハコスコアプリの多様な機能の使い方を、体を使って覚えることのできるワークショップです。事前にハコスコでアカウントを登録し、当日はPCと360度撮影ができるカメラを持参ください。
以下のような方には特におすすめです。

VRを使った施策、たとえば、

・オンラインでの施設の紹介
・イベントなどの展示施策
・パッケージなどで販促
・インバウンド施策のパブ作り

講師は、100本近い実写VRのコンテンツを制作してきた渡邊課をお迎えします。体験から逆算してコンテンツに落とし込むポイントや、VRならではの表現について噛み砕いて一緒に考えていきます。(怖くないです)


参加にあたって必要なもの】
・当日はPCと360度撮影のできるカメラ(theta、Gear360、insta360など。静止画が撮れるものでも可)ご持参ください
・事前にハコスコでのアカウント登録が必要になります。

https://store.hacosco.com/users/sign_up


【ハコスコとは?】

ハコスコはパノラマ動画による仮想現実空間を、手軽に体験できる VR(仮想現実)プラットフォームです。 箱+スコープ=「ハコスコ」の名前のとおり、ダンボールにレンズをつけ、スマートフォンを利用しただけのミニマルなつくりですが 従来のHMDと同じくらい没入感の高いVR体験を可能にします。


【渡邊課プロフィール】
全天球映像作家 渡邊徹を中心としたチーム。新たなビジュアル言語「全天球映像」の可能性に着目し「見回す必然」をテーマに、フィジカルに鑑賞するコンテンツを創作している。ハコスコストアで最も見られている動画「全天球水中ニーソ」や、アートイベント「#BCTION」の全天球アーカイブ。Squarepusher、!!!(chk chk chk)、水曜日のカンパネラなどのアーティストの全天球LIVE映像を多数制作、「VR×MX4D(動く椅子)」アトラクション向けのVR映像制作、「アイドルと見る花火」「全天球プラレール」「YEBISU JUMP上空200m体験」ほか、ミュージックビデオ制作、プロモーション施策やVR映像の制作のワークショップなどを通じて、全方位情報体験の在り方を追究しています。Concent, Inc. 所属。
渡邊課YouTubeチャンネル

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2017-03-02 07:31:23
More updates
Sat Mar 11, 2017
1:00 PM - 3:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
amu
Tickets
参加費 ※ハコスコ プレミアムアカウント3ヶ月(3万円分)付き SOLD OUT ¥5,000
Venue Address
東京都渋谷区恵比寿西1-17-2 Japan
Organizer
amu
5,256 Followers