Event is FINISHED

【テレビを経済学者と批評家と制作者で語る】
  小幡 績×宇野常寛×福原伸治

Description


いろいろなことがあった今年のテレビ界。
そんな今年のテレビを振り返りながら、いまテレビに内在する危機や問題点、
そしてこれからのテレビの行く末を経済学者の小幡績と批評家/編集者の宇野常寛と
20年以上にわたりテレビ制作現場にいる福原伸治の3人が語り尽くします。
9月12日におこない好評だったテレビ論(【テレビメディアとネットメディアの
あいだ】堀潤×杉本誠司×古市憲寿×福原伸治)の続編という位置付 けでお送りし
ます。



<プロフィール>

小幡 績
慶應義塾大学ビジネススクール准教授。個人投資家としての経験も豊富な行動派
経済学者。メディアなどでも積極的に発言。専門は行動ファイナンスと コーポ
レートガバナンス。主な著書に、『すべての経済はバブルに通じる』(光文
社)、『ネット株の心理学』(毎日コミュニケーションズ)など。

@sobata2005


宇野常寛
評論家。1978年生。批評誌〈PLANETS〉編集長。
著書に『ゼロ年代の想像力』(早川書房)。『リトル・ピープルの時代』(幻冬舎)。
『日本文化の論点』(筑摩書房)、『原子爆弾とジョーカーなき世界』(メディアファクトリー)。
共著に濱野智史との対談『希望論』(NHK出版)、石破茂との対談『こんな日本をつくりたい』(太田出版)。
企画・編集参加に「思想地図 vol.4」(NHK出版)、「朝日ジャーナル 日本破壊計画」(朝日新聞出版)など。
京都精華大学ポップカルチャー学部非常勤講師、オールナイトニッポンゼロ金曜日パーソナリティも務める。
@wakusei2nd


福原 伸治
株式会社フジテレビジョン情報制作局情報制作センター室長テレビプロデュー
サー・ディレクター、webマガジンの編集長も務める。主な制作番組 に『アイン
シュタイン』『ウゴウゴルーガ』『新・週刊フジテレビ批評』など。前衛的な番
組を多数演出する一方で、テレビとネット、新メディアを繋 ぐキーマンとして
も暗躍する。

@shinjifukuhara

【出演】
小幡績 (慶應義塾大学ビジネススクール准教授)
宇野常寛(評論家、批評誌〈PLANETS〉編集長
福原伸治(フジテレビジョン情報制作局情報制作センター室長

【日時】
2013年12月13日(金)

19:30~21:30 (19:00開場)

【場所】
本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F
http://bookandbeer.com/

【入場料】
1500yen + 1 drink order
Event Timeline
Fri Dec 13, 2013
7:30 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500yen+500yen/1drink) ¥2,000
当日現金支払(1500yen+500yen/1drink)
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,556 Followers

EVENT SUPPORTER

  • cakesはクリエイターのみなさんと本と書店とB&Bを応援しています。