Event is FINISHED

流動創生CrossOver 多拠点・ノマドライフ・旅暮らし―都市と地方と地方を巡る流動型ライフスタイルの提案

Description

横並びの地方創生で人口を奪い合う地方自治体、グローバル経済戦争と働き方改革の間で揺れる企業。私たち一人ひとりが主体的に、戦略的に、変動の時代を渡りゆくためにはどうしたら良いか。


福井県南越前町が実施する「流動創生事業」は、2015年の事業スタートから、北は山形から南は大分まで一宿一飯方式で地域拠点を巡る「RoundTrip」、南越前町の事業拠点に滞在しながら地域の生業を開拓する「StopOver」といった企画を通して、都市の人々と地方の人々、異なる者同士が出会う場をつくり、場所や組織に縛られない新しい生き方「流動型ライフスタイル」を模索してきました。


※参考記事:
greenz.jp
旅するように生きる“風の人”と地域に根ざす”土の人”をつなぎたい。 福井・南越前町が提唱する「流動創生」とは?


本イベントでは、東京に会場を構え、居住・移動・仕事・交流・制度の5つのツールを「ハック」する(工夫して使いこなす)ことで「多拠点生活」=”マルチハビテーション”を実践されている佐々木 博さんをお招きし、一時的な観光や滞在ではないライフスタイルとしての移動暮らし、「風の人」の生き方の実態とその哲学をお聞きします。


そうして「風の人」の実例を知った上で、地方に根差す「
土の人」であり、数多くの「よそ者」を地域に招き入れてきた岡山県瀬戸内市移住推進担当者集落支援員 菊地 友和さん、進行役に流動創生運営者の荒木を加え、都市部の現状を良く知る参加者の皆さんからも意見やアイデアをいただきながら、地方と都市の関わり方に今後どのような可能性があるかを具体的に掘り下げていきます。

今までありそうでなかった「移動系コミュニティ」を共に創っていきましょう。


イベント概要

◆日時
平成29年3月11日(土)14:00~16:30
※開場:13:40

◆会場
シェア型複合施設「the C」
※アクセス: JR各線「神田」駅西口より徒歩7分
都営新宿線「小川町」駅B6出口より徒歩4分

◆定員
30名

◆参加費
1,000円
※当日、会場にて現金でお支払いください。

◆日程
14:00 オープニング
14:05 主催者講演:流動創生とは
14:15 ゲスト講演:流動ライフ実践談(仮)
14:45 ゲストディスカッション
15:40 グループワーク
16:20 流動型ライフスタイルのソリューション紹介
16:30 クロージング
※内容は変更する場合があります。

◆参加申し込み方法
1)本ページにて申し込みください。
2)専用フォームよりアンケートを入力・送信ください。
3)facebookイベントページにて「参加予定」のボタンを押してください。

◆登壇者紹介
◇佐々木 博 (ささき ひろし)
株式会社創庵 代表取締役
京都出身。ITメディア教育のエバンジェリストとして、NHK教育テレビ「趣味悠々」にて12年間番組講師を歴任。『日本的ソーシャルメディアの未来』 濱野智史、佐々木博共著など、40冊近い著書監修書籍をもつ。
一人一人の「好き」を生かした暮らし、しごと作りのための、創業支援やワークショップを全国で開催。
2011年原宿神宮前のTHE SHAREにて64人で共同生活を始め、熊本のCCRC型多世帯シェアハウスを経て、現在奈良在住。
多世帯で暮らし、学び、働くシェアリングビレッジ作りが目下のライフワーク。猫が好き。
※参考記事:ライフハッカー日本版
シェアハウスでの生活から、多拠点生活への挑戦


◇菊地 友和 (きくち ともかず)
岡山県瀬戸内市集落支援員/フリーランス
昭和46年、東京生まれ。親の仕事により、幼少期〜青年期を東京、神奈川、北米、千葉などで過ごす。
商業印刷やWebなど広報メディアの制作、企業の業務コンサルティング、ITコンサルティング業を担う。
平成25年~27年、瀬戸内市地域おこし協力隊/フリーランスとして活動し、2015年~現在、裳掛(もかけ)地区集落支援員として活動。
裳掛(もかけ)地区コミュニティ協議会メンバー有志が「もかけむらおこしプロジェクト」を立ち上げた際、その事務局を担当。
岡山大学や岡大サークル、おかやまコープ等との交流・連携により、地区内において都市住民との交流と移住者の受入体制の整備及びその推進事業を実施。

◇荒木 幸子 (あらき さちこ)
福井県南越前町流動創生運営チーム/Takshif
1985年横浜市出身。両親が東京生まれの転勤族だったため、帰るべき田舎を持たずに育つ。大学で歴史学や文化人類学を学び、都内SIer企業にてコンサルティング部隊に5年間所属。
その間に3.11を経験し、政府や大企業といった大きな仕組みや社会の変動に脅かされず生きる方法を模索するため、これまでの環境を一転。
2013年から3年間、福井県南越前町にて地域おこし協力隊に着任。2015年からは、南越前町の委託を受けて、自らが地方創生事業として提案した「流動創生事業」の企画・運営を行っている。

◆主催
南越前町

◆企画運営・お問い合わせ
流動創生運営チーム/Takshif 荒木 幸子
Email:n.perditi65@outlook.com

Sat Mar 11, 2017
2:00 PM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
シェア型複合施設the C
Tickets
当日払い(1,000円) FULL
Venue Address
東京都千代田区内神田1-15-10 Japan
Directions
JR各線「神田」駅西口より徒歩7分、都営新宿線「小川町」駅B6出口より徒歩4分
Organizer
流動創生peatixGr.
100 Followers