Event is FINISHED

Whole Elephant Bar Vol.6 今、いのち・医療の全体性を考える

Description
「0=∞=1」これは、「宇宙一美しい奇跡の数式」という本の中で、著者のノ・ジェスが「悟り」を表すものとして用いた数式です。
0=∞、そしてそれが1(1つ)ということ。(なんのこっちゃ)
詳細は、書籍に譲るとして、我々は、「全体性」や「統合」を口にするとき、知らずに「全体」と「それ以外のもの」という断絶を無意識に作ってしまいがちです。
でも、そういった区別をした時点で、「全体」でなくなる。そういった矛盾をよく見ます。
医療(といった時点で、区別を作るので、あまり使いたくはないのですが)の全体性を語るときも、とかく「西洋医学批判」から入ったり、なにか、その事で断絶を創り出しているような気がします。
西洋・東洋・代替医療etc.…そういった部分の集合、言い換えれば「1+1=2」の世界観でなく、「0=∞」のパラダイムで、医療とそれにまつわる話をしたい…そして、この方と…長年、お逢いしたかった稲葉先生を今回のWEBのゲストにお招きしました!
今回は、会場含めた対談形式で、特別に広めの会場で、懇親会込み(もちろん、講演だけでも参加OKです)での特別バージョンで開催します。

【Whole Elephant Bar Vol.6 今、いのち・医療の全体性を考える】

日時 :2017年5月26日(金)19:00-21:30 (18:30 受付開始)
*その後、会場にて懇親会予定!
定員  :50名
場所 :東京都本郷マッシュアップスタジオ4F
http://www.central-uni.co.jp/wp-content/uploads/2014/07/mashup_access.pdf
参加費:3,240円
主催 :一般社団法人 Dialogue

Guest Speaker:【稲葉俊郎】
1979年 熊本生まれ。
1997年 熊本高校卒業。
2004年 東京大学医学部医学科卒業。
その後、相澤病院、心臓血管研究所などで臨床経験を積む。
2014年 東京大学医学系研究科内科学大学院博士課程卒業(医学博士)。
現在、東京大学医学部付属病院に循環器内科医として勤務。
心臓を内科的に治療するカテーテル治療や心不全が専門。往診による在宅医療も週に一度行い、心臓以外の病気も全て診ている。あらゆる代替医療や各種ヒーリングも満遍なく勉強している。登山やクライミングが趣味である。東京大学医学部山岳部の監督、涸沢診療所所長(夏季限定の山岳診療所)も兼任し、夏には山岳医療も行っている。
科学、伝統医療、心理学、精神医学、芸術、民俗学、宗教、農業、精神世界・・・など、現代医療に色々なものを自由自在に結び付けつけていくことを日々考えている。
尊敬する人物は岡本太郎、横尾忠則、手塚治虫、河合隼雄、井筒俊彦、村上春樹、寺田寅彦、武満徹、美輪明宏、葛飾北斎、バックミンスター・フラー、ジョンレノン、老子、荘子、ブッダなど多数。
参考記事 http://president.jp/search/author/稲葉%20俊郎

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#226177 2017-02-15 23:25:24
Fri May 26, 2017
7:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京都本郷マッシュアップスタジオ4F
Tickets
参加費 SOLD OUT ¥3,240
Venue Address
東京都文京区湯島 2-21-25 SKY ビル Japan
Organizer
一般社団法人Dialogue
380 Followers