Event is FINISHED

宮台真司×東浩紀「ニッポンの展望――2013年総括&2014年大予言!」@miyadai @hazuma

前売/2500円(1drink付き)◆==ゲンロン友の会/学生証提示で2000円に!==◆
Description

当日券は3000円 (1drink付き)です。ゲンロン友の会または学生証のご提示で2500円になります。

お席はチケットの申込順ではなく、当日ご来場頂いた順にご案内致します。

3.11から3年。
福島第一原発の事故処理は依然として進まず、 県内のがれき処理も、まだまだ終わるきざしが見えない。

2020年の東京オリンピックの招致には成功したものの、 都知事選挙は混迷を深める一方で、未来への不安は増すばかり。
一方国政では、特定秘密保護法の強行採決、集団的自衛権の解釈改憲など、
自民党の長期政権化に伴って、戦後日本のシステムが大きく変わろうとしている。

今年1年、ニッポンの社会はどのように変わっていくのか。
そして、私たちにはなにができるのか?
2013年の重大事件を総括し、 これからの12ヶ月を大胆予想。

『「絶望の時代」の希望の恋愛学』で性愛への回帰を宣言した宮台真司と、
『福島第一原発観光地化計画』でSFへの回帰を宣言している東浩紀、
2人の「原点回帰」論客がお送りする、 2014年版日本社会徹底ガイド&生き方指南!


登壇者プロフィール

宮台真司

1959年生まれ。社会学者。首都大学東京教授。専門は社会システム論。東京大学大学院社会学研究科博士課程修了。著書に『権力の予期理論』(勁草書房)、『制服少女たちの選択』(朝日文庫)、『終わりなき日常を生きろ』(ちくま文庫)、『日本の難点』(幻冬舎新書)など多数。


東浩紀

1971年生まれ。東京都出身。哲学者・作家。専門は現代思想、表象文化論、情報社会論。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。株式会社ゲンロン代表、同社発行『思想地図β』編集長。著書に『存在論的、郵便的』(新潮社、第21回サントリー学芸賞)、『動物化するポストモダン』(講談社現代新書)、『クォンタム・ファミリーズ』(新潮社、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(講談社)など多数。


【注意事項】

チケットキャンセルの場合の払い戻しは受け付けられません。予めご了承ください。

・当日、ゲンロン友の会会員証または学生書提示で500円キャッシュバックいたします(併用不可、学生証は国立公立学校または学校法人が発行したもの)。

・チケット料金は税込価格です。

・開場は開演1時間前の18時となります。

・イベントの録画・録音はご遠慮下さい。

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2014-01-15 08:05:49
More updates
Sat Jan 18, 2014
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
前売分 1drink付 ※当日、友の会会員証/学生証提示で500円キャッシュバック ¥2,500
Venue Address
東京都品川区西五反田1-11-9 司ビル6F Japan
Organizer
ゲンロンカフェ
4,776 Followers