Event is FINISHED

【中止】「リトル新島」saro高野要一郎さん

〜東京の離島で宿をはじめたお話と島料理。
Description
ゲストの体調不良により、イベントは中止とさせていただきます。
お申し込みいただいたみなさまには、別途ご連絡をさせていただいておりますので、
ご確認ください。

こんにちは!日本仕事百貨のナカムラケンタです。

今回はリトルトーキョーに「新島」がやってきます。でも新島は東京にある離島なんです。

調布飛行場から飛べば30分。竹芝桟橋から高速船で行けば3時間。ゆっくりとフェリーで行けば10時間。

ぼくはフェリーで行くのが好きです。仕事が終わってから竹芝桟橋に集合してフェリーに乗り込みます。一番安い2等船室に乗り込んで、毛布を確保。しばらくは船内にあるレストランで食事をしたり、甲板に出て船旅を楽しみます。

東京タワーを見ながらレインボーブリッジをくぐって、しばらく東京湾を進んでいきます。右手には京浜工業地帯や羽田空港の明かり、左手には房総半島が見えます。夜が更けていくうちに甲板からは人が減っていきます。中には大学生が立ち席で乗船して、酒盛りをしていたり。

ぼくは夏なら朝4時頃に起きるのが好きです。まだ眠りについている船内からそっと起きて甲板にあがると、真っ暗な空が少しずつ明るくなっていく。それをぼんやり見ている人もまた少しずつ増えていく。隣ではにぎやかにしていた若者が支給される毛布にくるまって甲板で寝ています。

しばらくすると大島に停泊して、新島には朝8時過ぎに到着します。

港にはたくさんの人が待っています。宿の送迎の方、島の駐在さん、家族を迎えに来た人たち。

そうやって新島の時間がスタートします。島寿司を食べたり、目の前の海に夕陽が沈んでいく露天風呂に入ったり、夏の夜は毎晩やっているビーチパーティーに参加したり。早起きできれば釣りも楽しいです。砂浜は驚くほど真っ白で海はエメラルドグリーンです。まるで南の島を訪れたような気分。

あとは実際に新島に行ってみてください。見所はまだたくさんありますよ。

でも旅行をするときに、知り合いがすでにいたら楽しいんですよね。今回はぼくも立ち上げのお手伝いをさせていただいた新島saroより高野要一郎さんがいらっしゃいます。

一緒に新島の話をしながら、新島の料理を食べて、来年暖かくなったら新島に行きませんか?

「リトル新島」saro高野要一郎さん

 〜東京の離島で宿をはじめたお話と島料理。


場 所:リトルトーキョー(東京都港区愛宕1-2-1)

参加費:2,500円(新島料理の軽食+1D含む)

定 員:20名

企 画:株式会社シゴトヒト(生きるように働く人の仕事探し「日本仕事百貨」運営)

日 程:12月2日(月)19:30〜21:00(23:00まで開放しています。ゆっくり飲みましょう。)

高野要一郎さん
茨城県水戸市出身 昭和52年1月18日生まれ。水戸でのカフェやバーの経営等を経て東京R不動産の運営する新島の「カフェ+宿 saro 」主。株式会社ノマドピープル 取締役。初台「♯108」を運営。1年のうち春から秋を新島で過ごし、秋から春を東京で過ごす。

リトルトーキョーとは? ホームページはこちら
Event Timeline
Mon Dec 16, 2013
7:30 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
リトルトーキョー
Venue Address
東京都港区愛宕1-2-1 リトルトーキョー Japan
Directions
【虎ノ門駅からの行き方】 銀座線「虎ノ門」駅「2番」出口からそのまま直進(5分)、 「虎ノ門三丁目」交差点を左折し、 100mほどで右側に見えるフレッシュネスバーガーの左隣、「蛇の目寿司」の看板が目印。 【神谷町駅からの行き方】 日比谷線「神谷町」駅「3番」出口を出たら右方向、 桜田通を北方向に直進(5分)、 「虎ノ門三丁目」交差点を右折し、 100mほどで右側に見えるフレッシュネスバーガーの左隣、「蛇の目寿司」の看板が目印。
Organizer
日本仕事百貨
1,212 Followers