Event is FINISHED

AUSDOM ワイヤレスヘッドホン

Description
Bluetooth対応のワイヤレスヘッドホンが人気です。コードから解放された便利さは、音楽の聴き方に革命をもたらしました。さらに、最新のiPhone7ではイヤホン端子が廃止。Bluetoothヘッドホンの需要が一層高まっています。

ますます広がるBluetoothヘッドホンの世界。欲しいけれどどれを選べばいいのか迷っている方にも、Bluetoothヘッドホンの選び方とおすすめ機種をご紹介します。

高音質でおすすめのBluetooth対応ワイヤレスヘッドホン4選

以下のワイヤレスヘッドホンがすべて技適マーク取得済み商品です。





【特徴】



● スマホでバッテリ残量表示が可能です。

● 頭のサイズに合わせてバンドの長さが調節することができます。

● 202g超軽量デザインで、圧迫感もさほど感じず、付け外しも簡単です。

● 高感度マイクを内蔵されて、スポーツをしながらハンズフリー通話もできます 。


● 低音域から高音域までバランスの良い音が出ていて、クリアで迫力なサウンドを実現します。

● 待機時間最大約1800時間が可能です。通学や通勤の途中でも音楽が楽に楽しむことができます。

● Bluetoothが使えない環境や電池が消耗した場合にも、有線接続ヘッドホ ンとして使用が可能です


AUSDOM アクティブノイズキャンセリング ワイヤレスヘッドホン 技適マーク取得済み 密閉型 Bluetooth 4.0 apt-x対応 ANC機能

【特徴】



● アクティブノイズキャンセリング(ANC)機能が遮音性をアシストしてくれるので、電車の音や街の喧騒も気にならないレベルにまで激減します。

● 先進的なapt-Xに基づいて、重厚な低音から繊細な高音まで、臨場感豊かに高解像度で再生することができます。ハイレゾリューションなHifi音質が楽しめます。

● 高感度マイクを内蔵されて、スポーツをしながらハンズフリー通話もできます 。


● 低音域から高音域までバランスの良い音が出ていて、クリアで迫力なサウンドを実現します。

● 210g超軽量ながらも、頭のサイズに合わせてバンドの長さが調節することができます。

● 有線のヘッドホンとして使用することができます。バッテリー切れに心配なく使用することができます。



AUSDOM ワイヤレス ヘッドフォン Bluetooth 4.0 折りたたみ式 タブレットPC スマートフォンなどに対応 M07



【特徴】


● バッテリー残量表示、約150時間以上の待機状態、約14時間の通信状態、約2~3時間の充電時間

● スマートフォンのAndroid /iOSのシステム、携帯電話、パソコン、PC等のリスニングと通話に対応しています。バランスの良いクリアなサウンドを再現し ます

● 人間工学に基づき、様々な頭のにフィットします。柔らかいイヤパッドを採用しており、長時間の使用でも、快適で疲れにくい構造です。また折り曲げて収納することが可能で、旅行などに最適です

● ハウジング部に調節機能を備えているため、ヘッドバンドを必要に応じて適合な角度に調節可能です

● Bluetoothが使えない環境や電池が消耗した場合にも、付属の3.5mmステレオケーブルを接続すれば通常の有線接続ヘッドホ ンとして使用が可能です


AUSDOM ワイヤレス ステレオヘッドホン Bluetooth 4.0 有線可能 M06 ブラック


【特徴】


● Bluetooth version 4.0+EDRのワイヤレス技術を採用しており、サポートプロファイル(HSP,HFP,A2DP,AVRCP)に対応しています。

● 周囲の音を適度に聴きながらボイスチャットを楽しめる密閉タイプの両耳ヘッドバンド式AUSDOMヘッドセットです。インターフォンや電話の着信音など大事な音を聞き逃さず、ボイスチャットが楽しめます。

● 音楽を楽しめるだけではなく、本体にはマイクを搭載しているので、スマートフォンやiPhone、携帯電話と接続していれば、そのまま通話することも可能です。


高音質なBluetooth対応ワイヤレスヘッドホンの選び方

ヘッドホン本体の音質で選ぶ

ヘッドホン自体の音質は、おもに振動板(ドライバー)の大きさと品位、ハウジングの体積と品位に大きく影響されます。つまり、小型機に多い30mm径よりも40mm径以上の大型ドライバーのほうが一般的に高音質です。振動板の材質も、各社が工夫を凝らした素材と性質を、よりアピールするものが音質も期待できます。


ハウジングも大型で、イヤーパッドの形式もオンイヤーではなくオーバーイヤータイプのほうがスケール感、レンジ感で有利です。


音質には必ずしも直結しませんが、いわゆるハイレゾ対応の40kHzまでの再生周波数特性を実現しているかも目安にはなります。また、Bluetoothヘッドホンであっても、有線接続が可能なタイプは音質に自信がある証拠。有線接続機能の有無にも注目です。


Bluetoothヘッドホンに家庭用の有線高音質ヘッドホンと同等以上の高音質を求める場合は、Bluetooth機能のコスト分の上昇も考慮して選びましょう。


使用状況で選ぶ


高音質なBluetoothヘッドホンは概して大型で重さもあります。また、折り畳みできないとかさばります。屋外でも気軽に楽しみたい場合は、折り畳みできるタイプがおすすめ。多少大きめでも、音質も維持しながら携帯性も意識したBluetoothヘッドホンの証拠です。


また、どのようなタイプでも長時間使用する場合は、装着感のチェックも忘れずにしましょう。




各機種それぞれに個性がありました。どれか一つに絞るのが難しいくらいですね。ポイントは自分がよく使うシチュエーションに合ったヘッドホンを選ぶことです。快適かつスマートにBluetoothワイヤレスヘッドホンを使いこなして、とびきりの音楽鑑賞ライフを手に入れましょう!

Feb 16 - May 31, 2017
[ Thu ] - [ Wed ]
12:00 PM - 3:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
JXB
Venue Address
東京都新宿区愛住町 Japan
Organizer
fdgdeeerr
1 Follower