Event is FINISHED

クリエイティブの可能性311|石川 淳哉 × 市川 裕康

【限定70名】|18回シリーズの第18回
Description
【市川裕康メッセージ】

みなさんこんにちは。(株)ソーシャルカンパニーの市川裕康です。
「クリエイティブの可能性 3.11」の最終回、しかも12月の年の瀬の時期の開催ということで石川さんから声をかけて頂いた後、果たして自分が何を語ることが出来るか、と考えてみました。
クリエイティブと呼べるような現地に根付いた継続的な活動は正直できてないことはいつも歯がゆい思いを持っていた自分ですが、今回、是非お伝えしたいこととして思い切って以下のタイトルを考えてみました。
『海外で起きている、社会をちょっとよくする事例・テクノロジーを吸収し、みんなで学び・協業していくことの大切さ』
3.11の震災以降、自分が意識して続けてきたことは、海外で注目されている創造的なアイディア、テクノロジーを活用したイノベーションなどで、日本に十分に伝わってきてないことを、日本の文脈に合う形で紹介し、現場で活躍している方へのヒント・インスピレーションとして少しでも役に立つことが出来れば、という思いでした。
現代ビジネス(講談社)での連載、膨大な量のオンライン記事の読み込み、国際会議への自腹出張(「スコール・ワールド・フォーラム」(過去4回)、「パーソナル・デモクラシー・フォーラム」(2013) 、「コード・フォー・アメリカ・サミット」(2013))を継続する中で、2012年7月には『Social Good 小事典』(講談社)として書籍として出版の機会を頂きました。
リサーチをしたり、「ミートアップ」と呼んでいる人が集まる機会を折に触れて開催・共催したりする中で、日々強く感じるのが、日本と海外での情報ギャップです。
12/23 のイベントではまず、防災、コミュニティつくり、教育、行政(オープンガバメント)、ソーシャルグッドなどのキーワード・事例20個を厳選して共有させて頂きます。その上で、今後海外と日本の間での情報の「収集」と「発信」について、参加者のみなさんの取り組まれている分野・現場でどのように活用することが出来るか、ということを一緒に考えることが出来れば、と思っています。情報収集・発信のための便利なツール・コツなども全てお伝えしたいと思います。
2020年のオリンピック開催に向けて、ますます日本と世界との距離が縮まり、3.11をきっかけにした東北、日本発のイノベーションに世界中が注目しています。そんな距離を少しでも縮めるきっかけに今回のイベントがなれば嬉しく思います。2013年を振り返る忘年会として参加される方同志の交流の機会として楽しみつつ、そして「クリ可311」最終回のお祝いで石川さんの胴上げもみんなでしたいですね(笑)。

【石川淳哉プロフィール】

1962年 大分県生まれ
プロデューサー/ファウンダー/CEO 株式会社ドリームデザイン
創始者/副会長/理事/情報レンジャー隊長 公益社団法人助けあいジャパン

クリエイティブの可能性を追求。不屈の闘志で、これまで不可能といわれたこと、誰も考えなかった数々の大型プロジェクトを成功に導いてきた。1998年ドリームデザイン〜ユメ ヲ カタチ 二〜を起業。クライアントのミッションを受け止め、商品プロモーションやブランド戦略をはじめ、時代と向き合ったユニークなコミュニケーションを実現、国内外の広告賞を受賞。また「世界がもし100人の村だったら」「2002FIFA WORLDCUP PUBLICVIEWING IN TOKYO」「retired weapons」「助けあいジャパン」など、クリエイティブで社会的価値を創造するプロジェクトに携わり、企業、行政、国家、NPO、生活者などマルチステイクホルダー型コミュニケーションを推進している。
http://dream-d.net/

【クリエイティブの可能性311シリーズとは】全18回シリーズ。
課題先進国と呼ばれて久しいここ日本に、東日本大震災が発災してからいつの間にか二年半が経とうとしています。風化というアゲインストの風は今尚、激しいばかりですが、そろそろ一度総括する時期がやってきたのではないでしょうか。311以後、立ち上がった際立つ数々のプロジェクトに焦点をあて、クリエイターのその衝動と職能の源泉から発露したエッセンスを紹介させていただければと考えています。「うまくいったこと」「うまくいかなかったこと」「再びやるのか」など、深層領域へSUPER WORKSHOPを通して切り込んで行こうと思ってます。日本中が、画期的なアイデアや人が集ってしまう熱きエネルギーを切望しています。
さあ、未来をつくりだすヒントを探す旅へ!(石川淳哉)
http://dream-d.net/ishijun/2013/08/start311/(随時更新中!)

【場所】dream lab.(株式会社dreamdesign内)
東京都港区麻布十番1-10-10 ジュールA 8F
南北線・大江戸線麻布十番駅0分。5番出口からエレベーターで直結。
TEL:03-5574-7201
http://dream-d.net/map/
※このページ上部のMAPは少しずれていますので、ご注意ください!

【定員】先着70名
※50名までは着席可能で、それ以上は立ち見となります。予めご了承ください。

【時間割】会場受付は12:30から
13:00〜14:30 前半:プロジェクト徹底解剖
14:35〜16:00 後半:参加者全員がつながるPARTY(東北の食と酒とともに)
協力:東の食の会

【寄附】¥5,000-
※飲食費込み
※このシリーズは、「公益社社団法人 助けあいジャパン」への寄附企画にしたいと考えています
※チケット購入後、参加者様でのご都合でのキャンセルに関しては、原則払い戻しはいたしておりません。助けあいジャパンへの寄附とさせていただきます。予めご了承くださいませ。ご協力よろしくお願いします。
>法人様 全額損金参入
>個人様 約40%が確定申告により払い戻されます。


Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2013-12-18 07:37:19
Mon Dec 23, 2013
1:00 PM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
dream lab.(株式会社dreamdesign内)
Tickets
助けあいジャパンTシャツ ¥2,500
助けあいジャパンへの寄附(一口) ¥3,000
イベント参加(寄附) ¥5,000
イベント参加(寄附)+助けあいジャパンTシャツ ¥7,500
イベント参加(寄附)+助けあいジャパンへの寄附(一口) ¥8,000
Venue Address
東京都港区麻布十番1-10-10 ジュールA 8F Japan
Organizer
公益社団法人 助けあいジャパン
25 Followers