Event is FINISHED

木下哲夫×丹羽良徳 司会:小林英治
「アーティストの言葉、アーティストの行動」
『アイ・ウェイウェイ主義』(ブックエンド)発売記念

Description

中国の現代美術界を代表するアーティスト、アイ・ウェイウェイ(艾未未)。北京オリンピック国立競技場「鳥の巣」の共同設計や、2009年に森美術館で開催された日本初の展覧会「アイ・ウェイウェイ 何に因って?」(現在北米巡回中)で広く知られるようになった彼は、アート作品で注目を浴びる一方、四川大地震で起きた校舎倒壊と5千人以上の学童の死について市民と共に独自調査をしたり、政府や警察当局の批判や中国社会に関する発言を世界へ向けて積極的に発信し、活動家としての顔も知られる。
それら様々な海外メディアや公式サイト、ツイッターなどでのアイ・ウェイウェイ本人の発言を集めた箴言集『アイ・ウェイウェイ主義』(ブックエンド)は、昨年4月の彼の中国当局による逮捕・拘束を受けて、アメリカで緊急出版されたもの。
その日本版の発売を記念して、これまでも数多くの美術やアーティストに関わる書籍の翻訳をてがける訳者の木下哲夫さんと、不可能性と交換を主軸とした行為や企てを路上などの公共空間で試みることで社会や歴史へ介入する作品を制作するアーティストの丹羽良徳さんをお迎えし、アーティストと私たちの生きる社会との関わりについて考える、トークイベントを開催します。



木下哲夫(きのした・てつお)
1950年生まれ。翻訳家。京都大学経済学部卒。訳書に、S・N・バーマン『画商デュヴィーンの優雅な商売』(筑摩書房、1990)T・シュヴァリエ『真珠の耳飾りの少女』(白水社、2000)A・ベイリー『フェルメール デルフトの眺望』(白水社、2002)、C・トムキンズ『マルセル・デュシャン』(みすず書房、2003)、D・ホックニー『秘密の知識』(青幻舎、2006)、ジョナス・メカス『ジョナス・メカス--ノート、対話、映画』(せりか書房、2012)など、美術書を中心に多数の翻訳を手がける。

丹羽良徳(にわ・よしのり)
1982年愛知県生まれ。東京を拠点に活動。多摩美術大学映像演劇学科卒業。不可能性と交換を主軸とした行為や企てを路上などの公共空間で試みることで、社会や歴史へ介入する作品を制作。東ベルリンの水たまりを西ベルリンに口で移しかえる《水たまりAを水たまりBに移しかえる》(2004)など肉体を酷使した不毛な交換行為に始まり、《デモ行進を逆走する》(2011)や《首相官邸前から富士山頂上までデモ行進する》(2012)など、自身の状況を転置することで眼に見える現実を解体し、「公共性」という幻想のシステムの彼岸を露出させる新たな物語を作り出す。近年は共産主義の歴史への興味から生まれた3部作《ルーマニアで社会主義者を胴上げする》(2010)、《モスクワのアパートメントでウラジーミル・レーニンを捜す》(2012)、《日本共産党にカール・マルクスを掲げるように提案する》(2013)など、移り行く国家や歴史の一端を往来するプロジェクトを展開。10月に23カ国語テキストを収録した作品集『公共性を再演する|作品の解説を23種類の言語に翻訳する』を刊行。森美術館で開催中の六本木クロッシング2013に参加中。
http://www.niwa-staff.org

小林英治(こばやし・えいじ)
1974年生まれ。編集者・ライター。STUDIOVOICE、.fatale『IMA』など各種媒体で映画・音楽・アート・文学関連の執筆、インタビューなどを行なう他、雑誌『DU』(ディスクユニオン)、書籍+DVD Open Reel Ensemble 『回典 En-Cyclepedia』(学研)の企画・編集などを手がける。


【出演】

木下哲夫(翻訳家)
丹羽良徳(アーティスト)
聞き手:小林英治(編集者、ライター)


【日時】
2013年12月12日(木)
20:00~22:00 (19:30開場)

【場所】
本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F
http://bookandbeer.com/

【入場料】
1500yen + 1 drink order



Event Timeline
Thu Dec 12, 2013
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
当日現金支払(1500yen+5ooyen/1drink)
前売(1500yen+500yen/1drink)※優先的に席をご用意します ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,542 Followers

EVENT SUPPORTER

  • cakesはクリエイターのみなさんと本と書店とB&Bを応援しています。