Event is FINISHED

wine & trip ドイツワインの新しい風

Description
ワイン&トラベル・ジャーナリストの浮田泰幸が、世界のワイン産地の魅力と最新情報を紹介するイベントシリーズ「wine & trip」の第11回。今回の旅の舞台はドイツのラインヘッセンとファルツです。
若い世代のワインメーカーの台頭によって、この10年で大きく変貌を遂げたドイツワインの新しい魅力を、現地取材にもとづく最新のビジュアルと情報でご紹介します。
導き手は、もし生きていたら今年267歳になる文豪ゲーテ? 一体どういう展開になるやら、ナビゲーター浮田もまったく見当がつきません!
会場では、ウェルカムワインのゼクト(スパークリング)をはじめ、全5種のドイツワインを試飲していただきます(すべて日本未輸入、飲み放題)。さらに、レストラン〈ナチュラルセンスいのせ〉のシェフ、猪瀬文俊氏によるドイツワインとモダン・チャイニーズのペアリングを楽しんでいただきます。
料理メニューは以下を予定。
・パウチーとクミンの羊肉水餃子
・貝とわかめ、野菜のジュレ
・海老とセロリのレタス包み

さらに、会場には広島・三次のパン工房〈ベッカライマガヤ〉から特製ドイツパンがやってきます。また、世界で話題のドイツ製クラフト・ジン「モンキー47ジン」もお試しいただけます。

早春の週末の夜のひととき、おいしいワインを飲みながら、ご一緒にヴァーチャル・トリップを楽しみませんか?

◎ナビゲーター・プロフィール
浮田泰幸(うきた・やすゆき)
ライター、ワイン・ジャーナリスト、編集者。広く海外・国内を旅し、取材・執筆・編集を行う。ワイン・ジャーナリストとして、これまで取材したワイン産地は11カ国30地域以上、訪問したワイナリーは約500軒に及ぶ。ワインと観光要素を結びつけた「ワイン・ツーリズム」の紹介に重点を置き、ライフスタイル誌、ワイン専門誌、ウェブサイトなどに寄稿。

◎料理担当シェフのご紹介
猪瀬文俊(いのせ・ふみとし)
ソムリエの資格も持つモダン・チャイニーズの料理人。東京・神泉の名店〈文琳〉にて修業。その後、台湾省高雄市・家郷楼餐庁にて浙江菜を学ぶ。現在は茨城・筑西〈ナチュラルセンスいのせ〉のオーナーシェフ。“コンクール荒らし”としてもつとに有名で、
・ヨーロッパのワインを楽しむ中国料理コンクール グランプリ
・Kiriクリームチーズコンクール グランプリ
・カルフォルニアライスSUSHIコンクール グランプリ
といった輝かしい戦績をおさめている。得意としているのは、調味料に頼らず素材感を生かした料理と自然なつくりのワインのマリアージュ。

※参加費には、ドリンクとフードが含まれています。
※準備・調達の関係がありますので「ドタキャン」はご勘弁ください。

Fri Feb 17, 2017
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
GLOCAL CAFE
Tickets
全席 SOLD OUT ¥4,000
Venue Address
東京都港区北青山2-10-29 日昭第二ビル 1F Japan
Organizer
ナビ浮田のwine & trip
44 Followers
Attendees
1