Event is FINISHED

Speech Live vol.3 即興の「かたち」Architecture of Improvisation

Description

 音楽レーベルSpeechがオーガナイズするライブイベント第三弾。


 ピナ・バウシュのブッパタール舞踏団で活躍したファビアン・ブリオヴィル演出・構成の舞台芸術作品「SOMA project」制作を機に結成。20世紀音楽の背景/文脈を考察し「作曲と即興の狭間」をコンセプトにしたユニットUZAWA/INOUE(宇澤とも子 Piano/井ノ上孝浩 E.Guitar)

 鉛筆の黒鉛を利用した自作電子楽器や植物の電位変化などを用いたパフォーマンスを展開するサウンドアーティストの中川敏光と、人間を巡る関係性についての進行形の問題を探求し、オブジェやインスタレーション、短編映画、声と言葉を用いたパフォーマンスなどを発表し評価を受ける現代美術家の白井美穂。

 ドリンク・ミキサーやヴァイオリンの弓などを用いて様々な音色を生み出しながらリリシズムに溢れた演奏を聴かせる箏の即興演奏家スコット・ジョーダンと、割り箸を用いた自作弦楽器でジャンルを越えたオリジナルの音楽を生み出す流浪の音楽家サミエル。

 光や人間のアクションなどの不確定要素とコンピューターのアルゴリズムの邂逅が生み出す即興的電子音楽を奏でる山口紘と、シカゴでジャズと現代音楽を学び、日野皓正やペーター・ブロッツマンなどとの共演で知られる、タイトな音色による即興演奏が魅力的な田中徳崇。

 そして、前衛ジャズや現代音楽からロックまで幅広く活動し、ラヴィ・シャンカール、パコ・デ・ルシアらと並んで英ワールドミュージック誌 Songlines の《世界の最も優れた演奏家 50 人》に選ばれた世界的に活躍するハイパー箏奏者、八木美知依。


 様々な背景を持つアーティストたちによる、不断の構築、その様々な様相、即興のアーキテクチャ。

Fri Mar 24, 2017
7:30 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
全席自由席(ドリンク代¥600含む) SOLD OUT ¥3,100
Venue Address
東京都渋谷区松濤1丁目29-1 クロスロードビル B1 Japan
Organizer
Speech music/art/critique
68 Followers