Event is FINISHED

就活前に知っておきたい21世紀の新しい生き方

Description
【21世紀の新しい生き方に触れる学生座談会】

日本の「共生社会」を引率する *サイハテ村 の
コミュニティマネージャー坂井 勇貴さんを交えて

これからの時代を担う若者たちによる
ゆる〜い座談会を急遽開催しまーす!!^^

代官山にあるリラックスした場所で
新しい仲間と新しい自分に出会いましょう♪

#新しい就活 #自分らしく働きたい
#多様性 #地方創生 #イノベーション

//*サイハテ村URL ”http://www.village.saihate.com/

【詳細】
・日時。。。2/15 13:30-16:30
・場所。。。渋谷から徒歩7分!Brighton Studio Daikanyama
 (https://spacemarket.com/spaces/zlmc78Dr8M7i56Hi")
・参加費。。。学生500円〜/社会人1500円〜(カンパをお願いします^^)
・持ち物。。。好奇心とピュアなハート♡

※フリードリンク、お菓子などご用意いたします^^
※より多様な人が集まって欲しいのでお友達も読んでみてください♪

--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------
大学生の皆さん、こんにちは〜
早稲田大学国際教養学部休学中の手塚 日南人です

まわりの3年生が
「もう就活まであと1ヶ月!!」
と就活産業に煽られて
焦りだしているのを感じます...

一方で企業側にも
トランプ大統領が当選したことで
リーマンショックの頃のような
大きな波紋が広がりつつあるのかも...


【時代の変わり目にいる僕ら】
モノに溢れ、SNSが台頭した現代では
消費者のニーズも変わりつつあります

情報が多すぎるために
より良い製品を求めるよりも
・どのブランドから買うか
・どの人から買うか
など
個人の価値観に基づいて
消費行動がなされています

あるいは
シェアライドや
メルカリなど
個人間でのお金のやりとり
所謂シェアリングエコノミーや
ひいてはギフトエコノミーまで
その規模を拡大しています


そんな中で
企業の間では
CSRなどが唱えられ始め
環境への配慮や地域創生など
目先の利益だけはでなく
社会全体の利益を考える企業が
ますます増えています

いったい2017年は
どんなふうになっていくのでしょうね?

そして同世代の人々は
どんな未来を見ているのでしょう?

ちなみにぼくは
次のように見ています。。。(長文失礼 ^^;)



【グローカル社会へ】
トランプ大統領の当選が物語っているのは
《中央集権体制の終焉》
という時代性ではないでしょうか

たしかに軍事力や経済力を誇る国は
その国の市民や資源だけでなく他の国すらも
”危険な”国の脅威から守ることができるかもしれない

けれどその軍事力や経済力が
何かの犠牲の上に成り立っているとしたら...

資源枯渇やテロリズムが起こるのも
必然と言っても過言ではありません

世界には価値観も文化も情勢も
全然違う国がたくさんあるのに
それを警察のように牛耳ろうというのは
いくらなんでも無理があります

となると”世界の平和のために”
良くも悪くも”アメリカ第一主義”になるわけです



【SNSの力】
一方でFacebookやAppleなどのサービスが
世界を征服するように広がっているのは
軍事力でも経済力でもなく
デザイン性と価値観の魅力によるものです

Googleなんかは
チームの効率をあげるために
瞑想を研修としてとりいれるほど

スティーブジョブスは
より人間の本質を追究して
インドにも行ったくらいです

人間にとって何が大切なのか

その答えは人それぞれですが
それらの最小公倍数的な共通項を
イノベーターたちは
見抜いているんじゃないでしょうか



【地方創生のシナリオ】
SNSという強烈なインフラは
マスメディア以外の情報ソースとして

人々により多くの情報と機会を
与えるようになりました

それによって
「イノベーションが起きるのは都会」
「田舎は遅れてる」といった
ステレオタイプもなくなり

都会育ちのクリエイターたちも
大自然や自由、静けさなどを求めて
地方へと流れるようになっています

岩手県遠野市ではベーシックインカムも
実際に導入されています


それが良いとか悪いとかの話ではなく
またSNS以外の要素も多分にあるとしても

この流れに乗って
これからもっと多くの人々が
夢を持って活動するようになるでしょう

これは「資本主義は限界にきている」
とかいう悲観的な話よりも
ずいぶんと面白いニュースではないですか



【村づくり】
ところでぼくは去年の夏に
熊本県は三角にあるクリエーターが集まる村
”三角エコビジレッジ サイハテ”に
約1ヶ月半ほどインターンをしていました

そこで目にした光景は
当時のぼくにとても壮大なビジョンを与えてくれました

優しく微笑むお母さんのような
温かい人たちに囲まれて
犬の散歩や家事
こども達の相手をしていくうちに

すべてのことに希望が持てるようになり
また
すべてのことがどうでもよくなりました

こんな良い人たちが増えれば
世界からはきっと争いはなくなる

そんな風に純粋に思いました


もちろんたくさんの懸念や野心も
浮かんできましたよ

それでもたいていのことは
どうでもよくなったのでした


そして気づかされたことは
「誰かがそれを守っている」
ということ

そしてそれは
そこにいた全員でした

その村では
村人たち全員がチームを組織して
それぞれの個性を発揮しています

誰かがリーダーとかいう考えもなく

ただ村人の資源やこども達の未来を
真剣にみんなが考えることで

まるでフェスティバルを開催するように
みんなが自然と動き出すのです


ある意味
共産主義やマルクス主義のようですが
この”自然と”というのは
今までにない試みかもしれません

ビジネスの世界でいう
「ダーウィン型組織」とも似ています

勢いに乗ったベンチャー企業のように
しっかりと頭も働かせつつ

心と体でコミュニケーションをとり
共有している未来のビジョンを
実際に一つずつ創っていました


【お好きにどうぞ】
そんなサイハテ村の合言葉は
「お好きにどうぞ」

たまに村八分もあるみたいですが
誰でもウェルカムで
いつも面白い旅人の話も聞けます


好きなことを通じて貢献すると
スキルも身につくし
ストレスが減り
チームワークもうまくいく

みんながみんな
彼らのように楽しく生きていくのは
楽なことばかりではないでしょう

だけど
自分らしく気の合う仲間と協力して
未来に投資していく姿をみたぼくは

ずいぶんと感銘を受けました


たとえ国が政治で滅んでも
小さなコミュニティは残るのでしょう


そんなふうに思えたら
ぼく自身もリラックスして
自分の能力を最大限に生かして
これからの社会を生きていこうと
前向きに考えられるようになりました


みなさんにも
目の前の現実からだけではなく
ちょっと別の視点で
自分の人生を見つめ直してもらえたら

こんなに嬉しいことはないです


そんなわけで

今回はたまたま
次の日にトークショーをする予定だった
坂井 勇貴 (Yuki Sakai)さんと話の弾みで
イベントを開くことにしたのでした

長々と最後まで読んでくださった方
ありがとうございます


会場でお会いしましょう♪

Wed Feb 15, 2017
1:30 PM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Brighton Studio Daikanyama
Tickets
座敷 FULL
Venue Address
東京都渋谷区鶯谷町1-2 PAL BLDG 3F Japan
Directions
渋谷駅から徒歩7分
Organizer
大学生による村づくりサボ
1 Follower