Event is FINISHED

千葉雅也×黒瀬陽平 司会:坂上秋成 「アートと哲学の交差点――あるいは2010年代におけるクリエイティヴィティについて」 @masayachiba @kaichoo @ssakagami

前売は2500円(1ドリンク付き)。なんとゲンロン友の会または学生証のご提示で2000円(+1ドリンク付き)に!講義後のバータイムもお楽しみ下さい!
Description
当日券は3000円 (1ドリンク付き)です。
ゲンロン友の会または学生証のご提示で2500円(1ドリンク付き)になります。

いつから、アートと哲学の間にはこれほどの距離ができてしまったのだろう?

1995年に雑誌『批評空間』の臨時増刊号として出版された『モダニズムのハードコア』においては、浅田彰、柄谷行人、岡崎乾二郎、田中純といった面々が揃って「現代美術批評の地平」を論じていた。いわば、一流の論客たちが自然と美術とアートの交錯する場所を思考していたのだ。

ならば私たちは、抽象的な言語の意味が曖昧になりつつある時代の中で、もう一度表象と言語の関係を問い直すべきである。

『動きすぎてはいけない』の著者であり哲学者として活躍する傍ら、フランシス=ベーコンやラッセン、さらにはギャル男についても論じてきた千葉雅也。

『情報社会の情念』の刊行を間近に控えており、これまでも美術家として活動してきた黒瀬陽平。

切断、情念、過剰、創造、生成変化、情報……

様々なキーワードを巡りながら、二人の≪批評家≫が2010年代におけるアートと哲学の交差可能性をあぶり出す!


【登壇者プロフィール】

千葉雅也(ちば・まさや)

1978年生まれ。哲学/表象文化論。立命館大学先端総合学術研究科准教授、批評家。ジル・ドゥルーズ解釈をベースとして、現代哲学と批評の様々なストラテジーを研究している。近作は「あなたにギャル男を愛していないとは言わせない──「クール・ジャパノロジー」と倒錯の強い定義」(『思想地図β3』)、連載論考「アウト・イン・ザ・ワイルズ」(『現代思想』2012年5月~)など。


黒瀬陽平(くろせ・ようへい)

1983年生まれ。美術評論家。「カオス*ラウンジ」代表。
東京藝術大学院美術研究科先端芸術表現専攻博士後期課程在籍。
「カオス*ラウンジ」の代表として、展覧会やアート・プロジェクトのキュレーション、ディレクション、作品制作などを手がける。『思想地図』、『ユリイカ』などに評論を寄稿。
https://twitter.com/kaichoo

坂上秋成(さかがみ・しゅうせい)

1984年生まれ。小説家、文芸批評家、ミニコミ誌『BLACK PAST』、『ビジュアルノベルの星霜圏』責任編集。『ユリイカ』、『cakes』、『PLANETS』、『4Gamer』、『週刊読書人』などに批評を寄稿。
2013年4月に河出書房新社より小説『惜日のアリス』を刊行。
同年11月より、ゲンロンカフェの新店長に就任。
https://twitter.com/ssakagami

【注意事項】

  • チケットキャンセルの場合の払い戻しは受け付けられません。予めご了承ください。
  • 本イベントはインターネットでの動画配信(ゲンロンカフェ完全中継チャンネル)を予定しており、ご来場のお客様の映像が映り込む可能性がございますので、ご了承のほどお願い致します。
  • 当日、ゲンロン友の会会員証または学生書提示で500円キャッシュバックいたします(併用不可、学生証は国立公立学校または学校法人が発行したもの)。
  • チケット料金に含まれるのは当講座1回分の受講料です(通し券ではありません)。
  • チケット料金は税込価格です。
  • 開場は開演1時間前の18時となります。
  • 講演・イベントの無断録画・録音はご遠慮ください。
  • お席はチケットの申し込み順ではなく、当日会場にご来場頂いた順にご案内致します。
Event Timeline
Updates
  • タイトル は 千葉雅也×黒瀬陽平 司会:坂上秋成 「アートと哲学の交差点――あるいは2010年代におけるクリエイティヴィティについて」 @masayachiba @kaichoo @ssakagami に変更されました。 Diff 2013-12-11 06:31:56
More updates
Fri Dec 13, 2013
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
ゲンロンカフェ
Tickets
前売券 1drink付 ※当日、友の会会員証/学生証提示で500円キャッシュバック ¥2,500
Venue Address
東京都西五反田1-11-9 司ビル6F Japan
Organizer
ゲンロンカフェ
4,786 Followers