Event is FINISHED

映画『アオギリにたくして』福岡市上映会

上映後、企画 & 製作 & 統括プロデューサー 中 村 里 美さんと、プロデューサー・音楽監督伊 藤 茂 利さん講演!
Description

映画アオギリにたくして」の上映会を2014年2月9日、福岡市のアミカスホールでの上映会を企画しました。映画「アオギリにたくして」は、アオギリの語り部と呼ばれ、広島平和公園の被爆アオギリの木の下でたくさんの子供たちに被爆体験を語り感銘を与えてきた、被爆者の故・沼田鈴子さんをモデルに被爆者の数奇な人生を描いた作品です。出演者は原日出子さん、 渡辺裕之さん、 風見しんごさんなど。

イベント当日は、企画 & 製作 & 統括プロデューサー 中村 里美さんと、プロデューサー・音楽監督伊藤 茂利さんのお二人がご来場し、製作に至るまでの想いや、沼田さんについてなどお話くださいます。どうぞ、お誘い合わせの上、映画『アオギリにたくして』の上映会にご参加ください。お子さん連れの皆様のご参加も大歓迎(小学生以下無料、要人数申請、要保護者同伴)です。


また、イベントには、長年平和活動を続けていらっしゃる、カンボジア地雷撤去キャンペーンの大谷 賢二代表もトーク参加することになりました。皆様のご参加をお待ちしております。

日時:2014年2月9日(日)13:40 - 16:40 ( 13:20開場)
場所:アミカスホール(福岡市南区高宮3丁目3-1)
http://amikas.city.fukuoka.lg.jp/modules/tinyda1/
募集人数:300名様
料金:一般1,800円、ペア3,000円、学生1,500円、小学生以下無料
    当日2,000円
主催:ユナイテッドピープル、「アオギリにたくして」福岡200人上映実行委員会
協力:シャボン玉石けん
※クレジットカード決済が難しい方はご連絡ください。確実に来られる方は
 座席確保致します。
 お問い合わせフォーム
※小学生以下の方は保護者の方と一緒にお越し下さい。チケット購入時に
 コメント欄に小学生以下のお子様の人数をお書きください。
※本イベントのキャンセル受付は、2014年1月26日までとします。それ以後は
 キャンセル出来ません。ご了承ください。
※会場に駐車場はありません。極力公共交通機関をご利用ください。

<プログラム>

映画上映 13:40-15:40(120分)
トーク 15:45-16:40(55分)

●映画アオギリにたくして」

~ヒロシマからの愛の伝言
感涙の物語、待望の映画化!~

「神様は本当に意地悪だ」 結婚式まであと三日、私の人生は一変した――

広島で被爆したアオギリの苗を全国各地で植樹し始めた田中節子。世界的にひろがりつつ­­あるこの活動に興味を惹かれたライターの片桐千草は、取材 中に知り合った節子の妹か­ら­彼女の生前の日記を預かる。そこには原爆により足を失った女性の苦しみが克明に綴­られて­いた・・・

壮絶な人生を歩んだ、過酷にして清澄な女性の軌跡。

企画・製作・統括プロデューサー:中村里美 / プロデューサー・音楽監督:伊藤茂利 / 原作・脚本・監督:中村柊斗 / 撮影監督・編集:倉本和人 / 撮影:佐久間栄一 / 照明技師:淡路俊之 / 録音技師:山口 勉 / B班撮影:曽根 剛 / 助監督:中根 克 / 美術:中根加代估・与謝蕭風 /ヘアメイク:村松直美 / 題字・イラスト:吉田しん子 他
出演:原日出子, 渡辺裕之, 風見しんご, 斉藤とも子, 菅井 玲, 甲斐将馬, 二橋 進, 塩出純子, 柏木佑太, 牛島摩弓, 大橋芳枝, 池永憲彦, はらまいこ, 朝霧靖子 他

【音楽製作】 ミューズの里 ◎音楽監督: 伊藤茂利

ギター:伊藤茂利/ピアノ:坂井千浪/ベース:花輪春比古/ドラム:岩瀬立衛/二胡:寺嶋級江/バイオリン:GEN(Dor moll)/ピアノ: 杉田靖典/アルトサックス:小笠原末男

≪後 援≫ 広島県/広島市/長崎市/広島市教育委員会/東京広島県人会/広島県医師会/広島県看護協会/広島県歯科医師会/広島県薬剤師会/広島YMCA

≪支 援≫ 財団法人広島国際文化財団「ヒロシマピースグラント2012」

参考:映画「アオギリにたくして」企画内容と主旨

【企画 & 製作 & 統括プロデューサー】 中 村 里 美

1986 年、日米協力プロジェクト「ネバー・アゲイン・キャンペーン」民間大使の第一期生として渡米。原爆映画「にんげんをかえせ」「ピカドン」等の原爆フィルム 上映をアメリカの学校や施設等で行い280カ所でプレゼンテーションを行い、被爆者のメッセージを伝える。RCCによって2年間に渡り撮影されたドキュメ ンタリー番組「ヒロシマってなぁに?」は、その年のTBS系列ドキュメンタリー優秀賞受賞。

帰国後、体験記の出版や講演活動を行いなが ら、27歳で日英対訳バイリンガル雑誌「ひらがなタイムズ」編集長に就任、NTTタウン誌大賞受賞。同誌の企画営業&流通チーフも兼任しながら異文化間理 解をテーマに様々な国際交流プロジェクトを企画運営。当初、4頁の無料配布しからスタートした「ひらがなタイムズ」はその後、異文化コミュニケーション雑 誌として成長し、洋書売り場だけでなく、東販・日販等の全国流通・海外流通を通り、世界80カ国以上に読者を広げ、これまでにないユニークな国際誌として 話題を呼ぶ。

1995年夏、多国籍出演者による日本語朗読劇「トンボが消えた日」を企画プロデュース。多国籍出演者の祖国の戦争体験と 共に広島・長崎の被爆体験を伝えた作品が話題を呼び全国公演を行う。CNNなど海外メディアでも放映され、戦後50年特集としてテレビ朝日2時間特番で放 映される。その後も公演を続け、NHKで放映された「世界へヒロシマを語り継ぎたい~8カ国の若者たちの朗読劇~」は、世界200カ国以上に翻訳され放 映。
2008年8月6日、「表現の場作づくり」と「異文化交流」をテーマに株式会社ミューズの里を設立。社会貢献と平和づくりにつながるビジネスモデルの構築に力を入れている。
シンガーソングライターとして活動開始。2009年より、めざせ1000回!~歌と語りで伝える~ピースライブ「私のヒロシマ・ナガサキ」全国公演を行いながら、被爆アオギリ2世や3世の植樹活動を行っている。
2010 年秋には、米国ワシントンの(財)カーネギー地球物理学研究所で海外初のピースライブを行い被爆アオギリ2世の植樹を行う。2011年には、金閣寺・銀閣 寺への被爆アオギリ2世植樹式に参加し、平和祈念コンサートを企画・出演。国籍・世代・ジャンルを超えた様々な表現空間のプロデュースを行っている。

2012年3月より、初の映画「アオギリにたくして」のプロデュースをスタート。2013年夏に完成!

※ 著書に、「アメリカにだって伝えちゃえ」(汐文者)/絵本「おりづるにのって」~サダコと子どもたちの物語~(発行:ミューズの里/発売:ほんの 木)/CD「LOVE&PEACE」「Trusting Orizuru Cranes」etc. サントラ盤CD「アオギリにたくして」


【 プロデューサー・音楽監督】=伊 藤 茂 利

高校時代に来日中のジャズピアニストのマル・ウォルドロン氏に電話越しにギターを聞いてもったことがきっかけとなり、本格的にギタリストへの道を歩み始める。
1980 年代後半に、キングレコードから『マグネチックストーム井上博&RASA』でアルバムデビュー。ジャズスクール『メーザーハウス』の講師を勤めながらライ ブ活動。2006年1月、オリジナルインストバンド『Natural Vibration』を結成。音楽プロデューサーとして表現者に開かれた場をクリエイトしている。

国内外で歌と語りで伝える「ピースラ イブ」を企画プロデュースし出演中。2010年には、米国ワシントンの(財)カーネギー地球物理学研究所にて海外初のピースライブをプロデュースし、広島 の被爆アオギリ2世の植樹を行う。2011年、金閣寺・銀閣寺にて被爆アオギリ植樹式に参加し、平和祈念コンサートの企画プロデュースを行う。現在、 (株)ミューズの里専務取締役。ギタリストとして活躍する傍ら、朗読の分野でも注目されている。映画の音楽&プロデューサーとして活躍中。

一般財団法人カンボジア地雷撤去キャンペーン 大谷賢二代表

1951年福岡市生まれ。福岡県立福岡高校、九州大学法学部卒。在学中よりベトナム反戦・日中友好運動に取り組む。日中国交回復、平和友好条約締結の運動のなかで日中友好学生訪中団副団長として訪中。以降、この約35年の間に旧ソ連、ヨーロッパ、中近東、アジア、アフリカ、南北アメリカなど約90ヶ国を訪問、自分自身の目で各国の現実を見つめてきた。カンボジアを訪れた際、多くの地雷被害者に出会い、地雷問題の深刻さに直面し、帰国後自らカンボジア地雷撤去キャンペーン(CMC)を設立。2011年4月、更なる支援の継続と基盤強化を図るため一般財団法人化し、(財)カンボジア地雷撤去キャンペーンを設立。現在、理事長として、世界の地雷廃絶運動を推進。写真展や講演会・チャリティー活動などを通して、国内での支援を募り、カンボジア現地の地雷撤去活動や地雷被害者救済、地雷原での学校建設及び運営などを実践している。一方、本業のイベント業を活かし日本初のパラグライダーのインストラクターとしてアジア大会、日本選手権などを企画・運営、また青年会議所メンバーとして「アジア太平洋こども会議イン福岡」の第1回目からの企画に参画、日本イベント大賞奨励賞を受賞するなどの実績も持つ。これらを通して、アジア各国との交流を進めてきた。また、NPO法人 福岡歴史研究会の理事長として地元福岡の歴史の掘り起こしにも取り組んでいる。

http://cmc-net.jp/


■参考情報

広島市松井市長メッセージ

「この映画は、沼田さんが被爆体験証言を通じてまき続けた「平和の種」を、もっと多くの人の心に届けたいと制作されたものと伺っています。この度の上映を通じて、沼田さんの思いが広がり、世界平和を願う大きなうねりが生まれることを期待しています。」

全文

ヒロシマ被爆証言:沼田鈴子さん


メディア掲載

中村里美:朝日新聞「ひと」欄 掲載記事(2013.8.14)

2013年7月17日の朝日新聞夕刊に、映画「アオギリにたくして」の記事


アオギリにたくして主題歌


「被爆アオギリ」ワシントンへ渡る

中村里美さんが「被爆アオギリ」2世の苗をワシントンに植樹。その報告を故沼田さんに。

http://www.youtube.com/watch?v=haGzzGLY6pw


Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2014-02-04 08:21:54
More updates
Sun Feb 9, 2014
1:40 PM - 4:40 PM JST
Add to Calendar
Venue
アミカスホール
Tickets
一般 ¥1,800
ペア ¥3,000
学生 ¥1,500
シニア(60歳以上) ¥1,000

On sale until Feb 8, 2014, 4:40:00 PM

Venue Address
福岡市南区高宮3丁目3-1 Japan
Organizer
ユナイテッドピープル株式会社
309 Followers