Event is FINISHED

後藤由紀子×一田憲子 「7分目の暮らし。これからのこと」 『毎日のことだから。7分目くらいがちょうどいい』(PHP研究所)刊行記念

Description

静岡県沼津市にある生活雑貨の店「hal」店主の後藤由紀子さん。

14年前に家事や子育てをしながらお店をスタート。
続けてこられたのは、すべてにおいて「7分目くらいでがんばること」を心がけてきたからだといいます。

いまでも一番大切なことは、「家族そろってごはんを食べること」。
だから、そのために今も閉店時間は16時です。
もっともっとがんばることはできるかもしれないけれど、そうしてしまうと、一番大事な家族のことや家のことがおろそかになってしまう。
暮らしは毎日まわっていくもの。だからこそ、自分にとって7分目くらいのほどよい加減で、日々のことを気持ちよくまわしていきたい。
時には、「熱い自分」も顔を出しながらも、お母さん、妻、「hal」店主、一人の女性として、日々を過ごしていらっしゃいます。

新しい年を迎え、子育てもひと段落しつつある今、これからの「7分目の暮らし」のことを伺います。

対談相手としてお招きするのは、『暮らしのおへそ』『大人になったら着たい服』(以上、主婦と生活社)を手がけ、本書でも編集協力をいただいた、編集・ライターの一田憲子さん。

後藤さんが大大大尊敬する女性のおひとりです。長く親交があり、共通のお知り合いも多いおふたりに、「がんばりすぎないけれど、ちゃんと暮らしていくこととは?」「仕事と家のこととのバランス」「年齢とともに変化してきた暮らしの価値観」「時間の余裕ができてきて、取り組んでいきたいこと」「これからの身の丈にあった暮らしとは?」など、いまのこと、これからのことをじっくりと語り合っていただきます。

(プロフィール)
後藤由紀子
静岡県沼津の雑貨店「hal」オーナー。
静岡県生まれ。庭師の夫、高校生の長女と静岡県に暮らす。大学生の長男は東京に下宿中。家族を第一に考えながらの暮らしぶりや日々のお母さん仕事、ファッションなどが雑誌で紹介され人気を集める。著書に『毎日続くお母さん仕事』(SBクリエイティブ)、『狭くても、料理が楽しい台所のつくり方』(日本文芸社)、『お母さん、旅はじめました』(光文社)などがある。
http://hal2003.net/

一田憲子
編集者・ライター。
OLを経て編集プロダクションへ転職後、フリーライターとして女性誌、単行本の執筆などで活躍。企画から編集を手がける暮らしの情報誌『暮らしのおへそ』『大人になったら着たい服』(ともに主婦と生活社)は、独自の切り口と温かみのあるインタビューで多くのファンを獲得。全国を飛び回り、著名人から一般人まで、これまでに数多くの女性の取材を行っている。ウェブサイト「外の音、内の香」を運営。著書に『「私らしく」働くこと』『ラクする台所』(以上、マイナビ出版)などがある。
http://ichidanoriko.com


【日程】
2017年1月28日(土)

【時間】
15:00~17:00 (14:30開場)

【場所】
本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】
2000yen/1drink





Sat Jan 28, 2017
3:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500+500yen1drink) SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
19,280 Followers