Event is FINISHED

【参加無料】「日本企業の海外戦略キーワード」第4回外国人から学ぶグローバルマーケティング

Description

「外国人講師から学ぶグローバルマーケティング」第4回


外国への進出機会を模索する事は現在の日本企業にとって重要な戦略の一つです。多くの企業が主に東南アジア市場への進出機会を探しています。障害にぶつかる企業もありますが、進出により大きな成功を収めている企業も数多く存在します。


今回は、ドイツ、バングラディシュ、中国、インド出身の講師によるパネルディスカッションです。

皆様からの質問も受けつけます。


1. 日本企業として 海外進出をはかる際に抑えておくべき強みとなる点と海外市場エリアに特徴的なニーズとその対応
2. 国際マーケティングを実現できるグローバルな人材を育てるために日本企業がすべきことは?
3. 日本社会が国際化を実現していくために、政府や教育制度はどのように変わるべきか?

など


<講師紹介>

川久保カロリーナ
ファシリテーター・第1回、第2回担当

SBI大学院大学講師。
ドイツ生まれ。ドイツのデュッセルドルフ大学で経営学部博士取得、フランスのグランデエコールでMBA取得。母国のドイツ以外、米国、フランス、日本、中国や台湾で留学と仕事経験を持つ。研究課題は主に国際企業戦略、マーケティング、異文化間コミュニケーションとデジタル戦略を含む。現在米国と日本を中心に国際マーケティングコンサルタントとして活躍中。

細沼藹芳
第4回パネラー

SBI大学院大学准教授。中国企業論、中国市場戦略、アジアにおける人事管理論などを担当。
中国広東省審計学院卒業後、中国広東省湛江市審計局にて企業の業務監査や会計監査を担当する。1994年に来日。東京国際大学商学研究科商学専攻博士課程修了。博士(商学)。東京国際大学商学部講師(経営学担当)、東京経営短期大学講師(経営管理論担当)、川口短期大学講師(ホスピタリティ演習担当)等を経て、現在は東京国際大学商学研究科講師(経営組織論研究担当)、東京国際大学商学部講師(経営戦略論・経営学概論担当)を兼任する。

マルカス
第4回パネラー

SBI大学院大学講師。
インドデリー生まれ。1975年インド国立デリー大学政経学部卒業後、日本大使館 日本情報センターにて日本語コース首席卒業。1992年旅行会社「アサヒトラベル サービス(ATS)」設立、1998年「アサヒトラベルサービス(ATS)日本支社」 設立。2003年東京麻布台にインドレストラン「ブカラ」開店(~2012年3月) 2010年より株式会社グローバルトレードリソーセス設立。東京商工会議所会員、中小企業国際展開アドバイザー(インドビジネス)。公益社団法人在日インド商工協会 理事。

アフマッド・ザヒル
第4回パネラー・第3回担当

バングラデシュ出身。2004年にバングラデシュのアジア大学経営学部にてBBAを取得し、2014年に東京工業大学にてビジネス・イノベーション専攻で博士号を取得、名古屋商科大学大学院マネジメント専攻で Global MBA取得した。
2005年から2006年には、BRAC銀行のコーポレートバンキング部署に勤務し、現在は、日本の多国籍企業の経営企画部門の仕事に従事するとともに日本の国立や私立大学の外部講師として教壇に立っている。主な研究分野はビジネス・イノベーション、製造業のサービス化、顧客中心のビジネス戦略、リレーションシップ・マーケティングだが、市場参入の新興戦略も含んでいる。


<イベント概要>

会場:SBIホールディングスセミナールーム
住所:東京都港区六本木1丁目 泉ガーデンタワー20階(第3回会場とは異なります。ご注意ください。)
時間:11:00 ~ 13:00
参加費:無料

Sat Jan 28, 2017
11:00 AM - 1:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
SBIホールディングス セミナールーム
Tickets
公開セミナー(参加無料) FULL
Venue Address
東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー20階 Japan
Directions
東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅直結
Organizer
SBI Graduate School (SBI大学院大学)
436 Followers
Attendees
30