Event is FINISHED

【イイタン】東京都中央区の“学区”を軸に不動産を考える会

Description
【イイタンとは?】

本音で話せる不動産担当者を探せる「イイタン」。
イイタンでは、不動産会社の担当者が企画した内容から、参加したいイベントを選べるサービスです。

不動産は、ウェブサイトに掲載された物件から探すことが当たり前の世の中ですが、自分にとってピッタリの担当者がそばにいてくれたら、余計な不安や手間もかかりません。

しかし、不動産担当者に直接会える機会は多くありません。

イイタンでは、不動産の担当者に出会うハードルを限りなく低くすることで、掲載された物件からの不動産探しではなく、「担当者から不動産を探す」という新しいソリューションを提供しています。

ご不明な点がございましたら、info@iitan.jp までお気軽にお問い合わせください。


【相談相手】

株式会社シー・ザ・シー
見海 顕治


1968年(長野県出身)
1991年にリクルートグループの金融会社にプロパー入社。
1992年リクルート子会社に出向・転籍後、1995年リクルート創業者江副浩正氏が立ち上げた不動産会社に転職。
マンションデベロッパーの仕入れ、企画などを経験後、2005年独立。
2008年 仲介業務をする傍ら「シェアノサイト」を企画。
2014年 中央区日本橋茅場町に路面店を出店。
賃貸、売買の物件紹介をしながら、中央区の地域の発展のための企画を模索中。

自身今まで11回の引っ越しを経験し、そのうち4回は子供の通学区の事で悩んだ経験を持つ。
失敗しない引っ越しを考えるときに、子供の通学区を考慮すべきだと提案しています。


【イベント内容】

不動産の購入や賃貸を考える際に、必ず考えるのが物件の価格やスペック、駅距離などですが、
住み始めてから「しまった!」と思うのが“学区”です。

特に、小さなお子様がいらっしゃる方、ご夫婦でこれからお子様が生まれる方が
不動産の購入を考える場合、“学区”についてはあまり深く考えないことが多いのが実情です。

しかし、よく考えてみてください。

公立の学校に通わせようと考えている場合、住んでいる場所で学区が決まってしまうということは、どうしても違う学校に通わせたい場合は、住まいを変更しなくてはいけません。

ここ最近は、公立学校といっても、設備やクラス、一貫校など、
私立に負けず劣らずの環境が整ってきています。

加えて、行政の財政状況によって、学校に対して充てられる予算が変わってくるんです。
(これも、知らない方が大多数です!)

私も、実際に仲介をする際には学区についてお伺いしますが、
お客様の中でそこまで計算して不動産を考えている方は、多くありません。

当社の場合、店舗の場所柄もあってか、
住み始めてから学区に悩み、相談してくるお客様が多いこともあり、
今回の企画を思いつきました。

今回は、中央区の不動産購入・賃貸を考えている方限定で、学区について語り合いたいと思います。

イベント詳細は以下からもご確認頂けます。


ご不明な点がございましたら、info@iitan.jp までお気軽にお問い合わせください。

当日の会場はコチラ!
カフェを一部貸切って行います♪

Sun Jan 29, 2017
10:00 AM - 12:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
無料チケット FULL
Venue Address
東京都中央区日本橋茅場町1-5-8 Japan
Directions
茅場町駅8番出口直結
Organizer
本音が話せる担当者と住まいの選択を。イイタン。
820 Followers