Event is FINISHED

Lean In Tokyo 2017 スペシャルイベント

Description

Lean In Tokyo 2017 スペシャルイベント

~みんなで一歩踏み出そう~

3月のイベントは、様々な業界で活躍される女性をお呼びし、多くの女性が一歩踏み出すきっかけを掴むためのスペシャルイベントを開催します!

スピーカー・ビデオメッセージでは、『私のLean In ストーリー』をテーマに、30代からキャリア転換をされた女性、規制を乗り越えてインターナショナルスクールを設立された女性、専業主婦志望から現在は起業家として大企業を相手に活躍される女性たちから、個人の決断やストーリーをもとに、社会で挑戦し、やりたいことを実現するためのヒントをお話しいただきます。

パネルディスカッションには、各企業でリーダーシップを発揮している女性をお呼びし、外資系企業・日系企業・ベンチャー企業の視点から、ライフイベントの乗り越え方、女性が働きやすい環境をつくるために会社・各個人ができる事、グローバル企業となるために女性がどのように貢献できるか…などをお話しいただきます!

困難や壁を乗り越えながら、自ら道を切り開いてきたゲストから刺激をうけ、また高い目標に向かってサポートし合える仲間と出会うことができる貴重なイベントです!


◆プログラム内容(ゲストの詳細は下記)

Lean In Tokyoからのオープニングスピーチ

スペシャルスピーカー ボッシュ株式会社 取締役副社 森川 典子氏

インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢 代表理事 小林りん氏 からのビデオメッセージ

パネルディスカッション ~女性が挑戦できる社会を実現するために~

ファシリテーター:  ジャーナリスト 治部 れんげ氏
パネラー(五十音順):リクルートホールディングス ソーシャルエンタープライズ室室長
伊藤綾氏

         日本たばこ産業株式会社 多様化推進室室長 金山 和香氏

          株式会社チェンジウェーブ代表取締役 佐々木 裕子氏

           アクセンチュア株式会社マネジングディレクター  純子氏

スペシャルスピーカー 株式会社ワーク・ライフバランス 代表取締役 小室 淑恵氏

閉場



◆以下に該当する方はぜひお越しください!

・今後も活躍したいけど不安がある

・会社で女性がチャレンジするヒントを知りたい

・挑戦するきっかけ、一歩を踏み出すきっかけをつかみたい

Lean In Tokyoについてもっと知りたい

・参加者と交流して刺激を受けたい

学生・社会人・男性・女性・年齢問わず、ご興味のある方は是非ご参加ください!


◆協賛企業様

株式会社アゴス・ジャパン様


Lean In Tokyo(リーンイン東京)概要

Lean Inとは、「一歩踏み出すこと」「挑戦すること」を意味します。Facebook COOシェリル・サンドバーグの著書 ”Lean In” が主体となっています。真の男女平等な社会を実現するには、男性も女性も自由に選択することのできる社会をつくることが必要と考え、そのための一つの方法として、女性が野心を忘れずに、自分がやりたいことを挑戦できる社会を実現することが大切だと書きました。そして、女性が挑戦するためにはどうすれば良いのか、野心を見失わずに、やりたいことをやるためにはどうすれば良いのか、ということが書かれています。「女性が野心を持って、挑戦することができる社会」を実現するために、シェリルは物理的かつ継続的なサポートが必要と考え、LeanIn.Orgを立ち上げました。女性が1人ではなく、コミュニティ・サークルを持ち、お互いが支え合うことによって、社会を変えていくことができると考えたからです。

こうして出来たLeanIn.Org1つの概念がChapter / Circleという考えてあり、小さなグループでの定期的なミーティングや、経験談をシェアするネットワーキングイベントなど様々なイベントを実施しています。Lean In Tokyoは、このLean In Chapterの一つとして、そして日本で唯一のRegional Leader Chapter (地域代表)として米国から選ばれており、東京を拠点として活動している非営利団体です。また、Lean In Asiaの日本代表メンバーとして活動もしており、港区男女共同参画センターにて「男女平等推進団体」としても正式に登録されております。


◆イベント概要

・日時:35日(日)13001800

・場所:早稲田大学 国際会議場 井深大ホール

    東京都新宿区西早稲田1-20-14

・服装:カジュアルでOK

・参加費(会場費):2,000円 (お名刺をお持ちの方は、お持ちくださいませ)

◆各スピーカーご紹介

ボッシュ株式会社 取締役副社長 森川 典子氏
立命館大学を卒業後商社に入社。1984年アメリカへ留学。大学院入学後は、アメリカ大和証券㈱に勤務しながら、MBAを取得。帰国後、アーサーアンダーセン会計事務所を経てモトローラ㈱へ入社。シンガポール、香港赴任後、取締役経理財務担当に就任。2009年にボッシュ㈱へ入社、ドイツ赴任を経て、2010年8月より現職。出身地愛媛県四国中央市のふるさとアドバイザー、立命館大学校友会副会長も務める。

インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢 代表理事 小林りん氏
1993年国際バカロレアディプロマ資格取得、1998年東大経済学部卒、2005年スタンフォード大教育学部修士課程修了。
経団連からの全額奨学金をうけて、カナダの全寮制インターナショナルスクールに単身留学した経験を持つ。その原体験から、大学では開発経済を学び、前職では国連児童基金(UNICEF)のプログラムオフィサーとしてフィリピンに駐在、ストリートチルドレンの非公式教育に携わる。圧倒的な社会の格差を目の当りにし、リーダーシップ教育の必要性を痛感。学校を設立するため、2008年8月に帰国し、構想から7年の歳月を経て2014年8月開校。受賞歴:アエラ「日本を立て直す100人」(2012年)、日経ビジネス「チェンジメーカー・オブ・ザ・イヤー」(2013年)、日経ウーマン「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2015」(2014年)

ジャーナリスト 治部 れんげ氏
ジャーナリスト。昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員。2児の母。1997年一橋大学法学部卒業後、日経BP社入社。経済誌の記者・編集者を務める。その間、2006~07年ミシガン大学フルブライト客員研究員としてアメリカの共働き子育て先進事例を調査。14年からフリーに。国内外の共働き子育て事情や女性のエンパワーメント、関連する政策について調査、執筆、講演などを行う。著書『稼ぐ妻・育てる夫―夫婦の戦略的役割交換』(2009年、勁草書房)、『ふたりの子育てルール』(2012年、PHP研究所)。東京都男女平等参画審議会委員、日本政府主催の「国際女性会議WAW!」アドバイザーズメンバー、一般財団法人女性労働協会評議員などを務める。

リクルートホールディングス ソーシャルエンタープライズ室室長 伊藤綾氏
出版社勤務、専業主婦を経て、2000年(株)リクルート入社。 ゼクシィ事業部に配属。2006年に首都圏版編集長。出産を経て、2010年首都圏版編集長、2011年統括編集長。 "17時に帰る編集長"を目指し双子の育児との両立にトライする。
2015年リクルートホールディングス ダイバーシティ推進部部長、2016年より現職。 リクルートグループのダイバーシティ及びCSRセクションを担当。

日本たばこ産業株式会社 多様化推進室室長 金山 和香氏
2000年JT入社、郡山工場に配属。04年たばこ事業本部製造統括部製造部。07年たばこ事業本部M&Sグループブランド企画部。08年たばこ事業本部事業企画室。09年生産技術センター製造部にて管理職に任用され、12年たばこ事業本部A&Eたばこ事業部、13年人事部を経て、13年7月から多様化推進室室長として、5歳と10歳の2児の母という経験を活かしながら、JTグループ全体の多様化推進を担う。

株式会社チェンジウェーブ代表取締役 佐々木 裕子氏
東京大学法学部卒、日本銀行を経て、マッキンゼーアンドカンパニー入社。シカゴオフィス勤務の後、同社アソシエイトパートナー。
8年強の間、金融、小売、通信、公的機関など数多くの企業の経営変革プロジェクトに従事。
マッキンゼー退職後、企業の「変革」デザイナーとしての活動を開始。
2009年チェンジウェーブを創立し、変革実現のサポートや変革リーダー育成など、個人や組織、社会変革を担う。

アクセンチュア株式会社 経営コンサルティング本部 マネジング・ディレクター 秦 純子氏
小売、外食、飲料、食品、製薬、自動車、アパレル、商社のクライアントに対し、事業戦略、マーケティング戦略、営業戦略のコンサルティングサービスを提供。小売や製薬企業向けのアナリティクス・デジタルを活用したコンサルティングチームの責任者として、流通、消費財メーカーや製薬メーカーを中心としたクライアントにおけるアナリティクスを活用したセールス・マーケティング改革を中心に支援する。プライベートでは17歳の息子の母でもあり、息子が生まれてからアクセンチュア内のInclusion and Diversity、Women’s Initiativesのメンバーとしても活動している。主な共著・連載『CRM‐顧客はそこにいる‐』(東洋経済新報社)、『勝ち残るためのダイバーシティーマーケティング』(日経ビジネスオンライン)、『ビジネスアナリティクス最前線』(日経コンピュータ)。青山学院大学ビジネススクールセールスマーケティング非常勤講師、会津大学ビジネスアナリティクス非常勤講師を務める。


株式会社ワーク・ライフバランス 代表取締役 小室 淑恵氏
900社以上の企業へのコンサルティング実績を持ち、残業を減らして業績を上げる「働き方見直しコンサルティング」の手法に定評がある。安倍内閣 産業競争力会議民間議員、経済産業省産業構造審議会、文部科学省 中央教育審議会などの委員を歴任。著書に『労働時間革命』(毎日新聞出版)『6時に帰るチーム術』(日本能率協会マネジメントセンター)等多数。「朝メール.com」「介護と仕事の両立ナビ」「WLB組織診断」「育児と仕事の調和プログラム アルモ」等のWEBサービスを開発し、1000社以上に導入。「WLBコンサルタント養成講座」を主宰し、1100名の卒業生が全国で活躍中。 私生活では二児の母。

◆留意点

  • イベントおよび懇親会中、カメラ撮影が入ります。参加者様のお顔がわからないようLean In Tokyoメディア上の記事(イベントレポート)に掲載することがあります。
  • ボランティア団体が主催しているため、イベント会場の支払いの関係上、キャンセルは受け付けておりません。キャンセルされる方のチケット代に関しては、弊団体の寄付金として利用させていただきます。

また、ご来場者の方々が最大限楽しんで頂けるよう、運営サイドで参加にふさわしくないと判断させて頂いた方については、イベント中であろうとご参加をお断りさせて頂くことがございます。

  • 保険、宗教、ネットワークビジネスの勧誘が目的と見られる方
  • その他運営サイドで参加が不適切だと判断した方
誠に恐れ入りますが、あらかじめご了承くださいませ。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#224196 2017-02-08 05:14:03
More updates
Sun Mar 5, 2017
1:00 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
早稲田大学 井深大ホール
Tickets
チケット SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
東京都新宿区西早稲田1-20-14 Japan
Organizer
Lean In Tokyo (リーンイン東京)
1,096 Followers