Event is FINISHED

夢のワーク2

Description

講師からの案内

夢は私たちの通常の意識からは思いもよらぬメッセージや知恵を含んでいます。夢はとらえどころがなく、取り組むことが難しいと思われがちですが、プロセス構造の考え方を取り入れ、連想の聞き方を練習し、夢のワークのステップを学ぶことで徐々に夢の扉が開かれていきます。また、夢と向き合うには、象徴や神話に関する知識、遊び心、創造性、特別な意識状態のアクセスの仕方、夢への畏怖や敬意を持っていることがおおいに助けになります。本セミナーでは、たくさんの遊び心に満ちたドリルやエクササイズを通して、これらを体験的に身につけていきます。

日常の中で少しでもご自分で夢を深められるようになりたい方、また夢のワークを対人援助の仕事場面の中で取り入れる方法を身につけたい方のご参加をお待ちしております。

セミナー内容

本セミナーではまず古今東西における夢の捉え方や他流派の夢のワークについて軽く触れた後、プロセスワーク的な夢のワークの基本的な理念やアプローチについて体験的に学んでいきます。夢に取り組むにあたっての留意点、基本のステップをおさらいし、夢のプロセスに合った展開の仕方の数々の例をデモンストレーションやエクササイズで学んでいきます。また、実践コースでは、幼少期の夢に取り組みながら、人生について振り返り、自分の全体性についての理解を深めていきます。

期待できる成果

  • プロセスワーク的な夢のワークが一通りできるようになる
  • 象徴思考や連想の取り方に親しむことができる
  • 夢をプロセス構造の視点からとらえられるようになる
  • プロセスワーク的な夢のワークの様々な技法を体験的に学ぶことができる
  • 個人、カップル、グループの神話と夢の関係について理解し、自分の人生の神話についての夢のワークを体験することができる

主な項目

  • 古今東西、他流派における夢の捉え方や夢のワークについて
  • プロセス指向的夢のワークとは;基本的な考え方とアプローチ
  • 象徴思考と連想の取り方
  • 神話と夢;幼児期の夢、カップルやグループの夢と神話、身体症状との関係
  • 夢のワークのメタスキル
  • 夢のワークの実際;プロセスに沿った技法と展開、クリエイティブなワークの色々
  • セラピー場面における夢のワークの取り入れ方について

このセミナーに参加する人にお勧めのセミナー

基礎理論の理解のためと、夢と関わるためには、より「囚われのないクリエイティブな態度」が求められることなどから、以下をお勧めします。

  • プロセスワーク理論とシグナルアウェアネス
  • ムーブメントワーク1
  • ムーブメントワーク2
  • クリエイティビティ

キャンセルポリシー

  • ​お申し込み後に欠席する場合は、フィールドサポートentry@jpwc.or.jpへメールでご連絡下さい。
  • セミナー開始の48時間前までにご連絡いただいた場合は、他のセミナーへ充当・振替いたします。48時間前までにご連絡がない場合は、キャンセル料として全額を頂きます。
  • 納入いただいた受講料は、原則としてお返しいたしません。
Jul 22 - Jul 23, 2017
[ Sat ] - [ Sun ]
10:00 AM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
日本プロセスワークセンター
Tickets
実践コース在籍の方 FULL
一般 SOLD OUT ¥40,000
学生/JPWC学生 SOLD OUT ¥35,000
再受講割引(一般) SOLD OUT ¥20,000
再受講割引(学生) SOLD OUT ¥18,000
Venue Address
東京都品川区上大崎3-10-64 Japan
Organizer
一般社団法人日本プロセスワークセンター(JPWC)
299 Followers
Attendees
3